mvno最安は●●!おススメ格安sim徹底比較/選ぶべきは

<格安SIM会社料金比較>
格安SIM会社はたくさんあります。それぞれ料金プランが違うため、どの会社がお得な
のか悩むことがあります。今回は格安SIM会社の料金比較をしていきます。
♦基本料金の比較
♦それぞれのデータフリープラン
♦基本料金の比較
まずは基本料金について比較していきます。比較として楽天モバイル・LINEモバイル・
UQモバイルを比較していきます。3社に共通してるのは、利用したいデータ量によって料
金が変動すること・データフリーがあることです。
(基本料金)
⑴楽天モバイル
楽天モバイルはプランが2つあります。1つはスーパーホーダイ、2つ目は組み合わせプラ
ンです。楽天モバイル契約者の8割の人が選択するのはスーパーホーダイです。両方ともデ
ータ量によって金額が違いますが、スーパーホーダイはセットプランで通話プランが組み込
ませています。
・スーパーホーダイ
スーパーホーダイの特徴は2つあります。1つが楽天会員になることで1年間最大2000円
の割引が受けられることです。通常会員であれば基本料金から毎月1年間は1,500円の割
引、ダイヤモンド会員であれば毎月1年間2,000円です。会員ランクは楽天サービスでのお
買い物金額で毎月変わります。楽天でネット通販をする方や楽天クレジットカードなど、
楽天サービスをよく利用している方にはオススメの格安SIM会社です。
2つ目は、基本料金に10分かけ放題が付いていることです。元々月額850円のオプショ
ンが初めから付いていることは嬉しいですよね。10分を超過した場合でも「楽天でんわ」
アプリを利用することで30秒10円で通話することができます。通常通話料は30秒20円で
す。楽天でんわは、楽天モバイルが提供している独自の電話サービスです。格安SIM会社で
は独自の通話機能を提供している会社は多いのですが、楽天モバイルの良さは電話回線を
利用して通話ができるのに料金が通常の半額になることです。多くはインターネット回線
を利用して通話をすることで通話量を抑える方法を取っていますが、通信状況によっては
通信状況が安定しないことがあります。しかし、楽天モバイルでは電話回線を利用してい
るため、安定した通話をすることができます。
選択できる最低データ量はSプランで2GBからです。月額2,980円ですが、楽天会員にな
ることで1年間は割引が入ります。最大データ量は24GBで月額6,980円です。契約した初
月はどのデータ量を選択したとしてもSプランの料金で利用することができます。残ったデ
ータ量は翌月までは繰越することができ、データ量の無駄をなくすことができます。
・組み合わせプラン
組み合わせプランは名前の通り、プランを好きなように組み合わせるものです。最大
30GBのデータ量を選ぶことができますが、スーパーホーダイとは違い音声通話プランが付
いていません。
組み合わせプランのメリットは前月に残ったデータ量を家族で最大5回線までシェアでき
ることです。一人で利用した場合でも翌月まで繰り越すことができます。
大手三社全ての回線を選択することができますが、au回線を選択する場合はネットから
の申し込みしかできません。店舗で申し込みができないため注意が必要です。データプラ
ンの契約を行う場合には組み合わせプランの選択になります。スーパーホーダイは音声SIM
専用プランなので選択できません。楽天モバイルは契約期間がないのがメリットです。解
約金もかかりません。楽天サービスで貯まったポイントは携帯料金に充当することもでき
ます。
⑵LINEモバイル
LINEモバイルの特徴はSNSがデータフリーになることです。契約データ量はデータフリ
ー対象SNS以外のインターネット通信に全て利用することができます。LINEモバイルのプ
ランは1つだけです。最低データ量500MB月額1,100円(音声通話SIM)から選択すること
ができ、最大データ量は12GB月額3,200円です。
大手三社全ての回線を選択することができます。また、Wi-Fiオプション月額200円で全
国約49,000ヶ所の公共無線LANを利用することもできます。マルチデバイス可能なので、
1台でもLINEモバイルに契約があると他の契約がない端末でも公共のWi-Fiを利用すること
ができます。
LINEモバイルの端末補償オプションはLINEモバイルで購入していない端末も対象です。
中古端末に保証が対応する会社は少ないのでありがたいサービスです。故障時の最大保証
上限は5万円です。それ以上かかる場合には超えた金額分は自己負担です。
格安SIM会社の支払いはクレジッカードでしか設定できないことが多いです。しかし、
LINEモバイルではクレジットカード以外にLINEPayカード・LINEPayでも設定することが
できます。LINEPayであればコンビニで支払い(チャージ)をすることができます。
⑶UQモバイル
UQモバイルのプランはS(3GB月額1,980円)・M(9GB月額2,980円)・L(14GB月
額3,980円)の3つでできています。家族割があり、2回線目以降は毎月500円の割引が入
ります。残ったデータ量は翌月まで繰り越すことがきます。データ量が足りない場合は
100MB200円、500MB500円で追加することもできます。
かけ放題オプションの中でも他社とは少し違うものがあります。最大60分/月の国内通話
が定額500円で利用することができます。
UQモバイルには契約解除料がありません。格安SIM会社ではキャリア決済が利用できな
いことが多いですが、UQモバイルはauのかんたん決済を利用することができます。利用者
の年齢と契約年数によって利用できる金額が違います。
♦それぞれのデータフリーの概要
楽天モバイル・LINEモバイル・UQモバイルにはそれぞれデータフリーが用意されていま
す。それぞれのオススメな人をご紹介します、
⑴利用できる(契約している)データ量を超えても高速通信で利用できるのは楽天モバイ

楽天モバイルのデータフリーとは、最低データ通信速度が速いため速度制限がかかって
もストレスなく利用できるというものです。速度制限がかかった状態でも速度が1Mbpsで
す。他社では速度制限がかかった場合の最大速度は128Kbpsで設定されていることが多い
中、1Mbpsは通常利用に関しては問題なく利用できる速さです。
⑵SNSをたくさん利用する人はLINEモバイル
LINEモバイルはSNSデータフリーオプションがあります。LINEモバイルは月額無料でデ
ータ量関係なく利用することができます。もちろん、LINE通話もデータフリーで利用する
ことができます。データフリーのオプションは他に2つあります。1つはSNSデータフリー
で対象SNSはLINE・Twitter・Facebookです。月額280円です。2つ目は、SNS音楽デー
タフリーでLINE・Twitter・Facebookに加えてInstagram・LINEMUSICがデータフリー
で利用することができます。月額480円で、人気のSNSが利用できます。
共通していることはデータ量500MBでは選択ができないことと、SIMタイプ関わらずデ
ータSIMでも音声通話SIMでも契約することです。
⑶データ量を節約しながらデータフリーを利用するにはUQモバイル
UQモバイルのデータフリーは節約モード(300Kbps)で利用した場合のSNSやインタ
ーネット通信がデータフリーになります。UQモバイルのポータルアプリでオンオフの切り
替えをすることで高速通信と節約モードを使い分けることができます。データ量の大きな
ものをダウンロード・アップロードする場合には節約モードでは速度が遅い場合があるた
め、利用に合わせて使い分けることでデータ量を節約しながら利用できます。
格安SIM会社ごとにデータフリーの概念が違うため、どのようなデータフリーなのかを
知ることが大切です。また、自分は何をスマホで利用しているのかも知ることで適切な格
安SIM会社を選択しましょう。

新型コロナのテレワークは通信速度が重要?格安SIMの実力は

<格安SIM会社の通信速度は実際どうなのか?>

 
たくさんの格安SIM会社があります。金額やサービスについては公式サイトを見れば大
体のことはわかります。速度についても最大速度の記載はありますが、実際に利用した場
合の速度はどれくらいあるのでしょうか。
♦格安SIM会社の平均的な速度
♦通信速度の比較
♦格安SIM会社の平均的な速度
まずは、格安SIM会社の平均的な通信速度についてご紹介します。通信速度は、エリア
や通信環境、時間帯など様々な理由で変動します。しかし、利用している回線は大手三社
の回線なので、回線ごとの速度は大手三社と同じです。では、なぜ格安SIM会社の速度は
遅いと言われているのでしょうか。
格安SIM会社で一番影響されるのは回線ごとの利用者数です。大手三社の回線を間借り
しているのが格安SIM会社なので、全ての回線を利用できる訳ではありません。そのた
め、利用者の集中する時間帯は格安SIM会社では回線が混み合いやすく、速度が落ちてし
まうのです。朝(8時から9時)・昼(12時から13時)・夜(18時から19時)の時間帯に
分けて速度を計測されることが多いのですが、著しく利用者の増える時間帯は昼(12時か
ら13時)の時間帯です。朝や夜は自宅のWi-Fiを利用する方もいますが、昼の時間帯は仕
事や学校など外出先で休憩時間に利用される方が多いです。そのため、利用者が集中しや
すくなっています。
速度については、高速通信で快適に利用できる速度は3Mbps以上と言われています。文
字のやり取りについては1Mbpsあれば十分にやり取りできるでしょう。しかし、動画視聴
やデータ量の多いゲーム・画像や動画がメインのSNSなどは1Mbpsの通信速度では通信に
少しストレスを感じてしまうことがあるかもしれません。
格安SIM会社では、朝もしくは夜の時間帯、または朝と夜両方は速度が安定して3Mbps
以上の速い通信ができる会社が多いです。しかし、昼の一番回線の混み合いやすい時間帯
には、1Mbpsを下回る速度の会社も少なくありません。常にWi-Fi環境がある場所で利用
するには全く問題は無いのですが、お外で利用することも多くある方は速度には注意が必
要です。また、複数回線から利用したい回線を選ぶことのできる格安SIM会社であれば、
その回線によっても通信速度が変動します。回線にこだわりがないようであれば、一度回
線ごとの速度を調べてみるのも良いかもしれません。速度については計測を行っている公
式な会社があるので、簡単にインターネットで調べることができます。
♦通信速度の比較
では、格安SIM会社は実際どれぐらいの通信速度があるのでしょうか。
⑴昼の速度が遅めな格安SIM会社会社
①LINEモバイル
LINEモバイルでは大手三社どの回線も選ぶことができます。昼の時間帯の速度はどの回
線も1Mbpsを下回ることが多々あります。
・ソフトバンク回線
ソフトバンク回線は利用する日によっては昼の時間帯でも1Mbps以上で利用できる日が
2日に1回ぐらいはあります。ソフトバンク回線は1日を通して速度にあまり変動がありませ
ん。そのため、速度が速い日は1日中速い速度で利用することができますが、速度が落ちて
いる日は高速通信をあまりできないということです。
・ドコモ・au回線
ドコモ回線・au回線については基本的に1Mbpsを下回っている日ばかりです。代わり
に、朝・夜の時間帯は速度が速く、3Mbps以上の速度があります。昼の時間帯は少し不便
を感じるかもしれませんが、他の時間帯では問題なく通信を行うことができます。
②楽天モバイル
楽天モバイルは現在、ドコモ回線とau回線です。2020年4月8日以降は楽天回線を用い
た携帯キャリアサービスを本格的にスタートさせるため、回線が変更されます。現在ある
ドコモ・au回線では、昼の時間帯が弱く、LINEモバイルと同じで1Mbpsを下回ることが
多いです。また、朝・夜の時間帯もさほど速度は速くありません。平均的に朝・夜の速度
でも2~3Mbpsほどです。通常の利用には問題ないかと思いますが、大容量のデータをや
り取りするには時間がかかる可能性があります。
⑵通信速度が安定している格安SIM会社
①LinksMate
ゲーム利用者をターゲットとし、大容量データ量を提供しているLinksMateでは、どの
時間帯も安定して高速通信を行うことができます。LinksMateの回線はドコモ回線のみで
す。公式サイトでも、その日の実際の通信速度を見ることができます。また、公式サイト
では直近7日間の最低通信速度と最高通信速度も記載があります。
速度の落ちやすい昼の時間帯でも、2020年3月19日~3月25日の一週間の間の最低速度
は5,3Mbpsでした。最高速度は15,4GBと、最低速度でも他社に比べるととても速いで
す。朝・夜の時間帯では平均10Mbps以上の通信速度があり、どの時間帯でも安定して高
速通信を行うことができます。
②UQモバイル
UQモバイルは格安SIM会社でダントツ速度が安定し、高速通信がいつでも行うことがで
きる会社です。平均的にどの時間帯でも15Mbpsほどの通信速度があり、速度が落ちるこ
となく一定です。速度が落ちた時間帯で14Mbpsほどの通信速度になり、高速通信時は
21Mbpsもの通信速度があります。安定して高速通信を求めるのであればUQモバイルがオ
ススメです。
通信速度については常に速度ランキング上位のUQモバイルがオススメです。安定感・速
度両方を兼ね備えている格安SIM会社です。格安SIM会社も通信速度はやはり時間帯によっ
て大きく変動します。そのため、通常は高速通信ができていてもある一定の時間帯は速度
が落ちてしまう時間がある会社がほとんどです。しかし、UQモバイルでは速度が落ちても
14Mbpsほどで、速度が落ちたと実際に感じることはないでしょう。

新型コロナで最注目!格安simのメリットは費用削減と●●

<格安SIM会社にするメリット>

 

格安SIM会社が増えている中、格安SIM会社にすることでどのようなメリットがあるの
でしょうか。今回は格安SIM会社にすることのメリットについてご紹介します。
♦利用に合わせてプランを選択できる
♦その他のメリット
♦利用に合わせてプランを選択できる
格安SIM会社には、それぞれユニークなプランが用意されています。そのため、自分の
利用スタイルに合わせてぴったりなプランを選択することができます。
⑴SNSをたくさん利用する方にオススメはLINEモバイル
LINEモバイルには人気なSNSがデータフリーで利用できるオプションがあります。
・LINEデータフリーオプション  月額無料
LINE内機能がデータフリーで利用することができます。LINE通話やLINEビデオ通話もデ
ータフリーです。
・SNSデータフリー  月額280円
LINE・Twitter・Facebookがデータフリーで利用できます。
・SNS音楽データフリー
LINE・Twitter・Facebookに加えて、Instagram・LINEMUSICもデータフリーで利用で
きます。
他社のSNSデータフリーとの違いが3つあります。違いは、節電モードでも通信速度に
制限がないこと・オンオフの切り替えが不要・テザリングで利用している端末もデータフ
リーで利用できることです。
⑵ゲームをする方にオススメなのはLinksMate
あまりメジャーな格安SIM会社ではありませんが、LinksMateはゲーム利用者をターゲ
ットにした会社です。そのため、契約者にゲーム特典があります。カウントフリーという月
額500円のオプションを利用することで対象コンテンツのデータ量が実際に利用したデー
タ量の10分の1で計算してくれるサービスもあります。対象コンテンツはゲームだけでなく
InstagramやTwitter、アメバTVなども対象です。
データ量は最低100MBから最大1TBまで選択することができ、1GBから15GBの間は
1GB単位で利用選択することもできます。ゲーム利用者ももちろんですが、利用データ量
を細かく選択したい方にもオススメです。
また、ゲームなどの高速通信を必要としている方向けの格安SIM会社なので、他の格安
SIM会社に比べると、通信速度が速いのも特徴です。平均的に5Mbps以上の通信速度を常
に維持しています。また、公式サイトでもその日の実際の通信速度を見ることができま
す。直近7日間の高速時だけでなく低速になった場合の速度も掲載されていて安心できま
す。
⑶ネットショッピングをよく利用する方にオススメは楽天モバイル
楽天モバイルは現在(2020年3月)はまだ格安SIM会社です。楽天モバイルは楽天会員
になることで1年間最低1,000円の割引を受けることができます。会員ランクで割引金額が
変動し、ダイヤモンド会員になると1,500円の割引が受けられるため、お得です。
楽天の提供しているアプリはたくさんあり、そこで貯まった楽天ポイントは月々の料金
に充当することができます。そのため、楽天市場などのサービスをよく利用する方であれ
ば、ポイントがたくさん貯まるため、その分お得に携帯を利用することができるのです。
楽天モバイルは独自の通話アプリがあります。格安SIM会社には独自の通話アプリがあ
る会社が多いですが、楽天モバイルは他社と少し違います。他社では通話にインターネッ
トを利用することで通話料を抑えることができていますが、楽天モバイルであれば電話回
線を利用しているのに通話料が通常の半額で利用できるのです。電話回線を利用するメリ
ットはインターネットとは違い、回線が安定しているため途中で途切れてしまうことがあ
りません。
♦その他のメリット
やはり、格安SIM会社の一番のメリットは料金の安さです。会社によっては大手三社の
半額ほどの料金で契約することもできます。では、料金プランの他には何があるのでしょ
うか。
⑴インターネットでなんでもできる
格安SIM会社の申し込みの多くはインターネットで行うことがほとんどです。自店舗が
ないことがデメリットと言われますが、逆にメリットになる点もあります。大手三社で
は、インターネット上での申し込みに制限があることがあります。しかし、インターネッ
トでの申し込みをメインとしている格安SIM会社では、すべての申し込み・変更をインタ
ーネットでいつでも行うことができるのです。インターネットであれば時間や場所を気に
せずにいつでも手続きすることができるメリットがあります。また、来店しての待ち時間
もありません。
⑵節約モードがある
節約モードは最大通信速度に制限をかけ、データ量の節約ができる機能です。節約モー
ドと高速通信を自分で切り替えができ、利用シーンに合わせて使い分けることができま
す。また、月末のデータ量が少なくなった時期に節約モードを使うことで、月末に速度制
限がかかることを防ぐこともできます。
格安SIM会社によっては、節約モード時のデータ通信がデータフリーになる会社もあり
ます。
格安SIM会社ではユニークな利用者に合わせたサービスやプランが用意されています。
より快適にりゆするために、自分が携帯契約に何を一番求めているのかを考えてみてくだ
さい。

新型コロナ時の格安simは要注意!契約すべきでないデメリット

<格安SIM会社にするデメリットは何があるのでしょうか>

現在、多くの格安SIM会社があり、サービスも大手三社と同じように手厚い会社も増え
てきています。では、格安SIM会社にすることでのデメリットは何があるのでしょうか。
♦会社を選択ミスすると速度が激落ち
♦格安SIM会社では利用できないサービスがある
♦会社を選択ミスすると速度が激落ち
格安SIM会社を選択するにおいて、一番心配されるのが速度ですよね。しかし、実際に
調べてみたり店員さんに話を聞いて見ると「大手三社の回線を利用しているので速度に不
安はありませんよ」と言われることがあります。確かに、通常利用することに関しては格
安SIM会社でも特に問題ないことが多いです。しかし、ゲームやInstagram・YouTubeな
ど画像・動画をたくさん扱うコンテンツを多く利用する方は注意が必要です。また、仕事
でのデータのやり取り・確認にスマホを利用している方も注意が必要でしょう。
ストレスなく通信を行うためには3Mbpsほど必要と言われています。しかし、実際の格
安SIM会社の通信速度は1Mbps以下の会社も多くあります。ゲームの場合だと、アプリの
インストールにもデータ量が多く必要となるためインストールするのに時間がかかった
り、インターネットを通じて対戦を行うゲームであれば途中で途切れてしまう可能性もあ
ります。文字だけのやり取りや文字をメインとするSNSであれば問題ないのですが、
Instagramのように画像・動画をメインにしているSNSも多くのデータ量を必要としま
す。また、Instagramはアプリを開くと同時に大量の写真データを読み込むための通信が
必要です。YouTubeは動画サービスになりますので、通信のためのデータも多く利用しま
す。また、画質によって通信速度が変動し、画質の設定も可能です。
クラウド上でのやり取りは文字のやり取りでも通信に時間がかかります。そのため、お
仕事用で書類確認をスマホで行なっている方なのども一定の高速通信が必要でしょう。
通信速度が遅い格安SIM会社を選んでしまうと、利用スタイルによっては通信速度がと
ても落ちてしまい、ストレスに感じてしまいます。それを防ぐためにはまず、検討している
格安SIM会社についてしっかり調べることが大切でしょう。
格安SIM会社の中には、安定して高速通信を行うことのできる会社もあります。速度に
ついては速度計測会社のホームページで確認することができます。
♦格安SIM会社では利用できないサービスがある
格安SIM会社では、大手三社で利用できていても利用できなくなるサービスがありま
す。
⑴キャリアメール
格安SIM会社では、基本的にキャリアメールが利用できません。最近では月額料金を支
払えばキャリアメールに近い独自のメールアドレスを取得できる会社もあります。しかし、
基本的にはインターネット上のフリーメールを利用することになります。
フリーメールのデメリットは送り先の携帯の設定によっては迷惑メールと判断され、メ
ールを送ることができない可能性があることです。その場合には、送り先の携帯でドメイ
ン設定をしてもらう必要があります。ドメイン設定を行うときに直接フリーメールのアドレ
スを相手に伝えないと設定ができないため、手間がかかります。ドメイン設定で入力ミス
があるとずっとメールのやり取りを行うことができません。
また、キャリアメールであれば設定を行わなくても機種変更後など勝手に引き継いでく
れますが、フリーメールは再設定が必要です。再設定の時には、はじめにアドレスを設定
するときに必要となるパスワードを覚えておかなくてはいけません。パスワードを忘れて
しまった場合は、再設定を行うか、できない場合は再度新しいアドレスの設定が必要とな
ります。その場合、ドメイン指定をしてもらっている場合はドメイン設定ももう一度行う
ようになります。
フリーメールはキャリアメールと違い、不便なことが多々あります。インターネットに強
い方は苦ではないかもしれませんが、そうでない方には面倒な作業になるかと思います。
⑵キャリア決済
キャリアメールと同様で、キャリア決済も利用できる格安SIM会社会社も増えてきてい
ます。しかし、利用できない会社がほとんどです。そのため、格安SIM会社でインターネ
ットショッピングやゲームの課金を行うには必ずクレジットカードが必要となります。現
在、格安SIM会社で多いキャリア決済の方法はauIDです。逆にドコモのキャリア決済を利
用できる会社はありません。
⑶毎月の支払い設定
毎月の支払い設定は基本的にクレジットカードです。受付が店舗や家電量販店でできる
格安SIM会社は口座振替を設定できるところもありますが、できない会社が多いです。ま
た、申し込み方法や手続き内容によって設定できる支払い方法が変わることもあります。
独自の方法で、LINEPayやポイントサービスで決済をできる会社もあります。
格安SIM会社で契約する場合は基本的にクレジットカードは必須です。また、申し込み
や変更もインターネット上でしか行えないことが多いため、インターネット環境が自宅に
あり、インターネットでの申し込みに抵抗がない方でないと格安SIM会社を契約するのは
難しいかもしれません。もし、ネット上での申し込みなどに不安がある方は自店舗を持つ
格安SIM会社が良いでしょう。

SNSなら格安sim?お勧めデータフリーは●●モバイルの料金は

<格安SIM会社のSNS使い放題やデータフリーはどのようなものなの?>

格安SIM会社にはそれぞれSNS使い放題やデータフリーの紹介がされています。では、ど
こまで使うことができるのでしょうか?
♦SNS使い放題・データフリーとは?
♦SNSで利用するデータ通信量と利用別オススメ格安SIM会社
♦SNS使い放題・データフリーとは?
格安SIM会社にはSNS使い放題やデータフリーのプランがあります。どのようなサービ
スなのか紹介していきます。
⑴UQモバイル
UQモバイルではプランとしてSNS使い放題があるわけではありませんが、基本料金の中
に含まれています。SNS使い放題にするためには制限があります。節約モードに設定して
通信を行うとSNSデータ量がデータフリーになります。SNSデータフリーとなっています
が、実際には節約モード中のネット検索も決まった速度内であればデータフリーです。
節約モードとは、送受信速度を最大300Kbpsの低速通信に切り替えをすることです。画
像やテキストがメインのSNSであれば十分な速度で利用できると公式サイトには記載があ
ります。最大受信速度は255Mbpsとなっています。通常の利用であれば低速通信であって
も利用に不便はないかと思いますが、動画メインのInstagramやサイトで画像・動画検索
にはあまり向いていないかもしれません。
⑵楽天モバイル
2020年10月頃にはキャリア化される予定の楽天モバイルにもデータ使い放題がありま
す。楽天モバイルのデータ使い放題はドコモの新料金プランであるギガホと同じ仕組みで
す。契約しているデータ量を超えても速度制限中のデータ通信速度が速いため、不便なく
利用できるようになっています。契約データ量を超えてしまっても1Mbpsで利用できま
す。通常であれば速度制限がかかってしまうと最大128 Kbpsでしか通信ができない会社が
ほとんどなので、1Mbpsはとても速い速度です。
しかし、通信が込み合う時間には制限がかかり、12時から13時と18時から19時の間は
最大300Kbpsでの通信速度になります。通信速度に制限がかかっていなくても最大通信速
度を1Mbpsに変更することもできます。楽天SIMアプリの高速データ通信でオンオフの切
り替えができ、データ量の節約ができます。
⑶BIGLOBE
対象の動画・音楽サービスがデータフリーになるオプション(エンタメフリー・オプシ
ョン)があります。音声通話SIM契約者であれば月額480円、データSIM契約者は980円
で21種類の対象サービスがデータフリーになります。(2019年12月12日現在)音声通話
SIMの場合は3GB以上のデータ量を契約する必要があります。
YouTubeやAWAなどの音楽・動画サービスだけでなく電子書籍であるdマガジンなども
対象サービスです。データ通信に上限はありません。対象動画サービスをよく利用する方
にはオススメのオプションです。
⑷LINEモバイル
LINEモバイルではSNSデータフリーオプションがあります。LINEアプリのサービスにつ
いては無料でデータフリーです。オプションは2つあります。(2020年2月19日)
1つ目はSNSデータフリーオプションです。月額280円でLINE・Twitter・Facebookが
データフリーで利用できます。2つ目はSNS音楽データフリーオプションです。月額480円
でLINE・Twitter・Facebook以外にInstagram・LINEMUSICがデータフリーで利用で
きます。SIMタイプに関係なく契約ができますが、3GB以上のプランに加入する必要があ
ります。
LINEモバイルは他社と違い、SNSデータ量に通信制限がありません。SNSを多く利用す
る人にオススメな格安SIM会社です。
♦SNSで利用するデータ通信量と利用別オススメ格安SIM会社
SNSを利用する時にはどのくらいのデータ量を利用するのでしょうか。また、利用する
サービスごとのオススメ格安SIM会社はどの会社でしょうか。
(SNSで利用する平均データ量)
・テキスト1投稿あたり0,1KB~0,3KB
・画像1画像あたり約10KB~100KB
・動画10秒あたり約1MB
※サイズや圧縮方法などで変動があります。
Instagramでは5分利用するだけで50MB~100MBのデータ量を利用します。LINE通話
を行うと通話10分で約5MBの通信量が必要です。
SNSをデータフリーで利用したい場合にはLINEモバイルがオススメです。SNSに関して
はデータフリーで制限なく利用できるので、SNS以外にデータ量を全て利用することがで
きます。LINE通話を利用するとデータ量を多く利用してしまいますが、LINEモバイルであ
ればデータフリーなので通話料の節約にもなります。
YouTubeなどの動画サービスを多く利用する場合はBIGLOBEがオススメです。データ
フリーやSNSデータフリーは多いですが、音楽・動画サービスがデータフリーな会社は少
ないです。データフリーの対象サービスをたくさん利用する方には嬉しいオプションサー
ビスです。
サイト検索やSNS利用など平均的にデータを利用する場合には楽天モバイルがオススメ
です。契約データ量を超えてしまっても速い一定の速度で通信を行うことができます。
格安SIM会社のデータフリーはそれぞれ特徴があり、利用スタイルによってオススメな
会社が変わります。現在どのような利用をしているのかで格安SIM会社を選択することで、
より自分の利用に合ったプランを選ぶことができるでしょう。

LINEモバイルにUQ楽天も?格安simデータフリープラン一斉比較

<データフリープラン・オプションのある格安SIM会社>

データフリープランやオプションがある格安SIM会社は

 

多くあります。では、各会社どの
ように違うのでしょうか。
♦データフリープラン・オプション
♦大手三社(au)のデータフリープランとの比較
♦データフリープラン・オプション
まず、格安SIM会社でデータフリープラン・オプションがある会社をご紹介します。
⑴LINEモバイル
LINEモバイルには、SNSデータフリーのオプションサービスがあります。種類は3つで
す。
・LINEデータフリーオプション  月額無料
LINE内サービスがデータフリーで利用できます。
・SNSデータフリーオプション  月額280円
LINE・Twitter・Facebookがデータフリーで利用できます。
・SNS音楽データフリーオプション  月額480円
LINE・Twitter・Facebookに加えて、Instagram・LINEMUSICがデータフリーで利用で
きます。
LINEモバイルはSNSを多く利用する方をターゲットとしています。他社のSNSデータフリ
ーとの違いは、節約モード時も高速通信のままで利用できること・オンオフの切る変えが
不要・テザリングで利用している端末もデータフリーになることです。
料金プランにはデータフリーはありません。4つのデータ量から選択するプランです。
(音声通話プラン)
・500MB  月額1,100円
・3GB  月額1,480円
・6GB  月額2,200円
・12GB  月額3,200円
データフリープランを利用するには3GB以上のデータ量を選択する必要があります。LINE
モバイルは最低利用期間がありません。しかし、解約を行う場合には事務手数料1,000円必
ず発生します。
⑵UQモバイル
UQモバイルにはSNSデータフリーがあります。しかし、データフリーになるには条件が
あります。それは節約モードを利用することです。節約モード利用時はデータ通信速度が
最大300Mbpsです。UQモバイルでは節約モード利用時に利用したデータ量はすべてデー
タフリーになります。全てのプランで利用することができます。
料金プランは3つあります。家族で契約する場合は2台目以降は500円の割引が受けられ
ます。
(スマホプラン)
・S(3GB)  月額1,980円
・M(9GB)  月額2,980円
・L(14GB)  月額3,980円
UQモバイルは契約解除料がありません。そのため、解約金も発生しません。
⑶楽天モバイル
楽天モバイルは1Mbpsの通信はデータフリーで利用できます。また、月のデータ容量を
すべて利用してしまい速度制限がかかったとしても、楽天モバイルの速度は速度制限中も
最大1Mbpsです。そのため、制限がかかっても高速通信で利用することができます。通信
が込み合う12時から13時、18時から19時は最大300Kbpsに制限されます。
楽天モバイルの公式アプリで高速通信から低速通信(1Mbps)に簡単に切り替えること
ができます。節約モードの最大1Mbps通信状態であればデータ使い放題です。
料金プランは2つあります。契約者の8割が選択するスーパーホーダイと組み合わせプラン
です。今回はスーパーホーダイについてご紹介します。
(スーパーホーダイ)
スーパーホーダイには国内通話10分かけ放題が無料で付いています。また、契約1年目は楽
天会員になることで1,000円の割引が入ります。下記の表は割引の入っている金額です。
・プランS(2GB)  月額1,480円
・プランM(6GB)  月額2,480円
・プランL(14GB)  月額4,480円
・プランLL(24GB)  月額5,480円
楽天会員のランクによって割引金額が変動し、ダイヤモンド会員になれば割引金額が1,500
円になります。楽天モバイルには最低利用期間・契約解除料がありません。
LINEモバイルと楽天モバイルには独自の通話アプリがあります。独自の通話アプリを利
用することで、通話料を普通の半額で利用することができます。
♦大手三社(au)のデータフリープランとの比較
(au)
auには「auデータMAXプラン Netflixパック(月額7,880円)」と「auデータMAXプラ
ンPro(月額7,480円)」があります。この2つはデータフリーで利用できます。一定期間
内に大量データ量を利用した場合、混雑する時間帯の通信速度を制限されることができま
す。
最大速度でデータフリーになるのはauのメリットです。しかし、やはり料金が少し高い
です。それに比べると格安SIM会社では低料金でデータフリー利用することができます。
また、利用に合わせてデータフリーを選ぶことでより金額を抑えることができます。SNS
を普段メインで利用しているのであれば、LINEモバイルでSNSを利用することをオススメ
します。また、UQモバイルの節約モードは高速通信をあまり必要としない方、楽天モバイ
ルは速度制限がかかっても高速通信を望む方にオススメでしょう。

新LINEモバイルの料金プラン/どこがお得?大検証どのようなプランなのか?

<新しいLINEモバイルの料金プランはどのようなプランなのか?>
2020年2月19日にLINEモバイルはプランの改正がされ、新しいプランに変わりまし
た。変更後のLINEモバイルのプランはどのようなプランに変更されたのでしょうか。
♦新しいLINEモバイルの料金プラン
♦前プランとの違い
♦手続きに必要な手数料
♦新しいLINEモバイルの料金プラン
新しいプランは以前のプランに比べて選択できるデータ量が増えました。また、SNSデ
ータフリーが選択制のオプションに変更されました。
(新料金プラン)
新しい料金プランはベーシックプラン(新しいプラン名)のみとなり、その中から利用す
るデータ量を選択します。SIMタイプは2種類です。
①データSIM(SMS付き)
データ通信専用SIMカード契約です。
・500MB  月額600円
・3GB    月額980円
・6GB    月額1,700円
・12GB   月額2,700円
②音声通話SIM
音声通話専用の通話ができるSIMカードです。
・500MB  月額1,100円
・3GB   月額1,480円
・6GB   月額2,200円
・12GB   月額3,200円
データ容量が足りなくなった場合には500MBもしくは1GBの追加ができます。最大1ヶ
月に10回まで追加可能です。500MB追加で500円、1GB追加で1,000円です。
(オプションプラン)
①LINEデータフリー  月額無料
LINEサービス内のデータ通信量がデータフリーになります。申し込み不要です。
②SNSデータフリー  月額280円
LINE・Twitter・Facebookがデータフリーになります。SIMタイプに関わらず選択するこ
とができます。データ量500MBのプランでは利用できません。
③SNS音楽データフリー  月額480円
LINE・Twitter・Facebookに加えてInstagram・LINEMUSICがデータフリーで利用でき
ます。②と同様でSIMタイプに関わらず選択ができますが、データ量500MBのプランでは
利用できません。
④ Wi-Fiオプション  月額200円
全国約49,000ヶ所の公衆無線LANを利用できるオプションプランです。利用できる施設
にはSECURED Wi-Fiのマークがあります。マルチデバイスで利用することもできます。
新プランはより細かくプランを選ぶことができるようになっています。LINE通話以外に
も新しく「いつでも電話」という通話アプリが提供されました。通話料は30秒10円で利用
することができます。また、10分電話かけ放題(月額880円)のオプションもあります。
申し込みが必要です。申し込み後に利用できるようになるまでは少し時間がかかります。
すぐには利用できないので注意が必要です。
SNSデータフリーオプションは節電モード中でも制限なく利用できます。また、テザリ
ングで利用している端末も対象で、オンオフの切り替えも必要ありません。
♦前プランとの違い
新しいプランと以前のプランはどのような違いがあるのでしょうか。
(旧プラン→新プラン)
・最低利用データ量3GB →500MB
最低利用データ量がより小さくなりました。
・料金プラン「コミュニケーションフリープラン」にSNSデータフリーが組み込まれてい

→SNSデータフリーはオプションに変化
新プランではSNSデータフリーはオプションとなり、申し込みを行う必要があります。
・最低利用期間が契約月含む12ヶ月間→最低利用期間の廃止
解約事務手数料は同じで1,000円です。旧プランであれば12ヶ月目をすぎると解約金がか
からなくなりますが、新プランは解約時は必ず解約金が発生します。また、今まではデー
タSIMは解約金が発生しなかったのですが新プランではSIMタイプ関係なく解約金が発生
します。
・通信回線ドコモ・au →通信回線ドコモ・au・ソフトバンク
ソフトバンク回線が利用できるようになりました。
以前のプランとの一番の違いはSNSデータフリーが選択制になったことです。自動で付
いてくるのではないため、利用したい場合には事前に申し込みを行う必要があります。ま
た、ソフトバンク回線が選択できるようになり、より乗り換えをしやすくなりました。
♦手続きに必要な手数料
手続きを行う際には初期費用として手数料が発生します。
・SIMカード発行手数料  400円
・ウェブ登録事務手数料  3,000円
2回線目以降は手数料に割引が入り、音声通話SIMは手数料無料・データSIMは500円で
す。
・SIMサイズ変更手数料  3,000円
・回線変更手数料  3,000円
・MNP転出手数料  3,000円
新規手続きを行う場合はSIMカード発行手数料(400円)とウェブ登録事務手数料
(3,000円)の合計3,400円が必要です。
新しいプランでもLINEモバイルの特徴であるSNSが使い放題なのは変わりませんでし
た。テザリングで利用している端末もSNSデータフリーになるのはメリットです。
SNSデータフリー対象外サービスでもデータフリーにならない機能もあります。対象
SNSから外部リンクに接続した場合などがデータフリー対象外になります。基本機能はデ
ータフリー対象なのでSNS利用の多い人におすすめな格安SIM会社です。

LINEモバイルのSNSデータフリーはどこまでデータフリーなのか?

<>
 LINEモバイルにはSNSデータフリーのオプションがあります。しかし、多くのデータフ
リープランやSNSデータフリーオプションには制限があることが多いです。LINEモバイル
のSNSデータフリーオプションにも制限はあるのでしょうか?
♦LINEモバイルのSNSデータフリーオプションってどのようなオプションなのか
♦SNSデータフリー対象外の機能
♦LINEモバイルの料金プランはどれくらいなのか
♦LINEモバイルのSNSデータフリーオプションってどのようなオプションなのか
 LINEモバイルのSNSデータフリーオプションは3つあります。共通しているのは、どの
SIMタイプでも契約することができること、データ通信の上限がないため、どれだけ利用
してもデータフリーというところです。(2020年3月3日現在)
⑴LINEデータフリー  月額無料
 LINEサービス利用時の通信がデータフリーで利用することができます。
⑵SNSデータフリー  月額280円
 LINE・Twitter・Facebookがデータフリーで利用することができます。
⑶SNS音楽データフリー  月額480円
 LINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINEMUSICがデータフリーで利用するこ
とができます。
 ⑵⑶は基本プラン3GB以上の契約が必要です。他の格安SIM会社との違いは3つあり、
節約モード(送受信最大300Kbps)に設定している時でもSNSには速度の制限がかから
ないこと・オンオフの切り替えがいらない・テザリングで利用している端末も対象になる
ということです。
 アプリだけでなく、ウェブブラウザでの利用もデータフリーで利用することができま
す。しかし、大容量データ通信を継続的に行った場合、一時的に通信が制限されることが
あります。
♦SNSデータフリー対象外の機能
 SNSの通信データ自体には制限はありません。しかし、一部機能に制限があります。
⑴LINE
・外部リンクへの接続
・グループ内LIVEの利用
・ニュース詳細閲覧
・スタンプショップ/着せ替えショップ
・LINE Payの利用
・LINEポイントの利用
・オープンチャット利用
・LINEの他アプリ(サービス)
LINE内でもスタンプショップや着せ替えショップはデータフリーではないので注意が必要
です。また、LINEのみデータフリーなのでその他LINE関連サービスはデータフリーではな
いので注意が必要です。
⑵Twitter
・外部リンクへの接続
・ツイート内YouTubeなどの閲覧
・公式アプリ以外の利用(ステッカーなど)
・ライブ動画(Periscope)配信/閲覧
ツイート内の内容でもYouTubeの閲覧はデータ通信を利用します。また、Twitterの公式ア
プリ以外のサービスを利用した場合にもデータ通信を利用します。
⑶Facebook
・外部リンクへの接続
・投稿に含むYouTubeなどの動画閲覧
・ライブ配信/閲覧
・Messengerの利用
Messengerの利用はFacebook内のサービスであっても通信料が発生します。
⑷Instagram
・外部リンクへの接続
・ライブ配信/閲覧
⑸LINEMUSIC
・ミュージックビデオの再生
 サービス内機能でもデータフリー対象外の機能があります。LINEモバイル公式サイトに
も記載があります。通常利用であれば基本的にデータフリー対象ですが、一部データフリ
ーではないので注意が必要です。
♦LINEモバイルの料金プランはどれくらいなのか
 LINEモバイルの基本料金は利用できるデータ量によって変動します。最低500MB月額
600円(データSIM)から選択することができます。SIMタイプは2つでデータSIMと音声
通話SIMです。最大12GB月額3200円(音声通話SIM)です。データ量が足りなくなった
時にはデータ量を追加することができます。500MB500円もしくは1GB1000円で月に10
回まで追加ができます。Wi-Fiオプションを契約すると月額200円で約49,000ヶ所の公衆
無線LANの利用ができます。マルチデバイスも可能でLINEモバイル契約以外の端末にも
Wi-Fiを繋ぐことができます。
 2020年2月19日から新しい音声通話アプリ「いつでも電話」がLINEモバイル契約者限
定で利用できるようになりました。申し込み不要で、アプリをインストールするだけで利
用できます。通話料は30秒10円です。申し込みから利用できるまでに少し時間がかかりま
す。最長で2日かかります。
 大手三社全ての回線を利用することができ、乗り換えも行いやすくなりました。また、
ベーシックプラン(新料金プラン)契約者は最低利用期間がありません。解約やMNPをす
る時には一律で解約手数料1000円が必要です。毎月の支払いは5日頃です。クレジットカ
ード・LINEPayカード・LINEPayのどれかでの設定です。口座振替はできません。
 LINEモバイルのでSNSデータフリーであってもデータフリー対象外になる機能がありま
す。しかし、基本機能はデータフリーで利用することができるので特に問題ないと思いま
す。SNSがデータフリーで利用することができるので、データ量を節約することもできま
す。