SNSなら格安sim?お勧めデータフリーは●●モバイルの料金は

<格安SIM会社のSNS使い放題やデータフリーはどのようなものなの?>

格安SIM会社にはそれぞれSNS使い放題やデータフリーの紹介がされています。では、ど
こまで使うことができるのでしょうか?
♦SNS使い放題・データフリーとは?
♦SNSで利用するデータ通信量と利用別オススメ格安SIM会社
♦SNS使い放題・データフリーとは?
格安SIM会社にはSNS使い放題やデータフリーのプランがあります。どのようなサービ
スなのか紹介していきます。
⑴UQモバイル
UQモバイルではプランとしてSNS使い放題があるわけではありませんが、基本料金の中
に含まれています。SNS使い放題にするためには制限があります。節約モードに設定して
通信を行うとSNSデータ量がデータフリーになります。SNSデータフリーとなっています
が、実際には節約モード中のネット検索も決まった速度内であればデータフリーです。
節約モードとは、送受信速度を最大300Kbpsの低速通信に切り替えをすることです。画
像やテキストがメインのSNSであれば十分な速度で利用できると公式サイトには記載があ
ります。最大受信速度は255Mbpsとなっています。通常の利用であれば低速通信であって
も利用に不便はないかと思いますが、動画メインのInstagramやサイトで画像・動画検索
にはあまり向いていないかもしれません。
⑵楽天モバイル
2020年10月頃にはキャリア化される予定の楽天モバイルにもデータ使い放題がありま
す。楽天モバイルのデータ使い放題はドコモの新料金プランであるギガホと同じ仕組みで
す。契約しているデータ量を超えても速度制限中のデータ通信速度が速いため、不便なく
利用できるようになっています。契約データ量を超えてしまっても1Mbpsで利用できま
す。通常であれば速度制限がかかってしまうと最大128 Kbpsでしか通信ができない会社が
ほとんどなので、1Mbpsはとても速い速度です。
しかし、通信が込み合う時間には制限がかかり、12時から13時と18時から19時の間は
最大300Kbpsでの通信速度になります。通信速度に制限がかかっていなくても最大通信速
度を1Mbpsに変更することもできます。楽天SIMアプリの高速データ通信でオンオフの切
り替えができ、データ量の節約ができます。
⑶BIGLOBE
対象の動画・音楽サービスがデータフリーになるオプション(エンタメフリー・オプシ
ョン)があります。音声通話SIM契約者であれば月額480円、データSIM契約者は980円
で21種類の対象サービスがデータフリーになります。(2019年12月12日現在)音声通話
SIMの場合は3GB以上のデータ量を契約する必要があります。
YouTubeやAWAなどの音楽・動画サービスだけでなく電子書籍であるdマガジンなども
対象サービスです。データ通信に上限はありません。対象動画サービスをよく利用する方
にはオススメのオプションです。
⑷LINEモバイル
LINEモバイルではSNSデータフリーオプションがあります。LINEアプリのサービスにつ
いては無料でデータフリーです。オプションは2つあります。(2020年2月19日)
1つ目はSNSデータフリーオプションです。月額280円でLINE・Twitter・Facebookが
データフリーで利用できます。2つ目はSNS音楽データフリーオプションです。月額480円
でLINE・Twitter・Facebook以外にInstagram・LINEMUSICがデータフリーで利用で
きます。SIMタイプに関係なく契約ができますが、3GB以上のプランに加入する必要があ
ります。
LINEモバイルは他社と違い、SNSデータ量に通信制限がありません。SNSを多く利用す
る人にオススメな格安SIM会社です。
♦SNSで利用するデータ通信量と利用別オススメ格安SIM会社
SNSを利用する時にはどのくらいのデータ量を利用するのでしょうか。また、利用する
サービスごとのオススメ格安SIM会社はどの会社でしょうか。
(SNSで利用する平均データ量)
・テキスト1投稿あたり0,1KB~0,3KB
・画像1画像あたり約10KB~100KB
・動画10秒あたり約1MB
※サイズや圧縮方法などで変動があります。
Instagramでは5分利用するだけで50MB~100MBのデータ量を利用します。LINE通話
を行うと通話10分で約5MBの通信量が必要です。
SNSをデータフリーで利用したい場合にはLINEモバイルがオススメです。SNSに関して
はデータフリーで制限なく利用できるので、SNS以外にデータ量を全て利用することがで
きます。LINE通話を利用するとデータ量を多く利用してしまいますが、LINEモバイルであ
ればデータフリーなので通話料の節約にもなります。
YouTubeなどの動画サービスを多く利用する場合はBIGLOBEがオススメです。データ
フリーやSNSデータフリーは多いですが、音楽・動画サービスがデータフリーな会社は少
ないです。データフリーの対象サービスをたくさん利用する方には嬉しいオプションサー
ビスです。
サイト検索やSNS利用など平均的にデータを利用する場合には楽天モバイルがオススメ
です。契約データ量を超えてしまっても速い一定の速度で通信を行うことができます。
格安SIM会社のデータフリーはそれぞれ特徴があり、利用スタイルによってオススメな
会社が変わります。現在どのような利用をしているのかで格安SIM会社を選択することで、
より自分の利用に合ったプランを選ぶことができるでしょう。

LINEモバイルにUQ楽天も?格安simデータフリープラン一斉比較

<データフリープラン・オプションのある格安SIM会社>

データフリープランやオプションがある格安SIM会社は

 

多くあります。では、各会社どの
ように違うのでしょうか。
♦データフリープラン・オプション
♦大手三社(au)のデータフリープランとの比較
♦データフリープラン・オプション
まず、格安SIM会社でデータフリープラン・オプションがある会社をご紹介します。
⑴LINEモバイル
LINEモバイルには、SNSデータフリーのオプションサービスがあります。種類は3つで
す。
・LINEデータフリーオプション  月額無料
LINE内サービスがデータフリーで利用できます。
・SNSデータフリーオプション  月額280円
LINE・Twitter・Facebookがデータフリーで利用できます。
・SNS音楽データフリーオプション  月額480円
LINE・Twitter・Facebookに加えて、Instagram・LINEMUSICがデータフリーで利用で
きます。
LINEモバイルはSNSを多く利用する方をターゲットとしています。他社のSNSデータフリ
ーとの違いは、節約モード時も高速通信のままで利用できること・オンオフの切る変えが
不要・テザリングで利用している端末もデータフリーになることです。
料金プランにはデータフリーはありません。4つのデータ量から選択するプランです。
(音声通話プラン)
・500MB  月額1,100円
・3GB  月額1,480円
・6GB  月額2,200円
・12GB  月額3,200円
データフリープランを利用するには3GB以上のデータ量を選択する必要があります。LINE
モバイルは最低利用期間がありません。しかし、解約を行う場合には事務手数料1,000円必
ず発生します。
⑵UQモバイル
UQモバイルにはSNSデータフリーがあります。しかし、データフリーになるには条件が
あります。それは節約モードを利用することです。節約モード利用時はデータ通信速度が
最大300Mbpsです。UQモバイルでは節約モード利用時に利用したデータ量はすべてデー
タフリーになります。全てのプランで利用することができます。
料金プランは3つあります。家族で契約する場合は2台目以降は500円の割引が受けられ
ます。
(スマホプラン)
・S(3GB)  月額1,980円
・M(9GB)  月額2,980円
・L(14GB)  月額3,980円
UQモバイルは契約解除料がありません。そのため、解約金も発生しません。
⑶楽天モバイル
楽天モバイルは1Mbpsの通信はデータフリーで利用できます。また、月のデータ容量を
すべて利用してしまい速度制限がかかったとしても、楽天モバイルの速度は速度制限中も
最大1Mbpsです。そのため、制限がかかっても高速通信で利用することができます。通信
が込み合う12時から13時、18時から19時は最大300Kbpsに制限されます。
楽天モバイルの公式アプリで高速通信から低速通信(1Mbps)に簡単に切り替えること
ができます。節約モードの最大1Mbps通信状態であればデータ使い放題です。
料金プランは2つあります。契約者の8割が選択するスーパーホーダイと組み合わせプラン
です。今回はスーパーホーダイについてご紹介します。
(スーパーホーダイ)
スーパーホーダイには国内通話10分かけ放題が無料で付いています。また、契約1年目は楽
天会員になることで1,000円の割引が入ります。下記の表は割引の入っている金額です。
・プランS(2GB)  月額1,480円
・プランM(6GB)  月額2,480円
・プランL(14GB)  月額4,480円
・プランLL(24GB)  月額5,480円
楽天会員のランクによって割引金額が変動し、ダイヤモンド会員になれば割引金額が1,500
円になります。楽天モバイルには最低利用期間・契約解除料がありません。
LINEモバイルと楽天モバイルには独自の通話アプリがあります。独自の通話アプリを利
用することで、通話料を普通の半額で利用することができます。
♦大手三社(au)のデータフリープランとの比較
(au)
auには「auデータMAXプラン Netflixパック(月額7,880円)」と「auデータMAXプラ
ンPro(月額7,480円)」があります。この2つはデータフリーで利用できます。一定期間
内に大量データ量を利用した場合、混雑する時間帯の通信速度を制限されることができま
す。
最大速度でデータフリーになるのはauのメリットです。しかし、やはり料金が少し高い
です。それに比べると格安SIM会社では低料金でデータフリー利用することができます。
また、利用に合わせてデータフリーを選ぶことでより金額を抑えることができます。SNS
を普段メインで利用しているのであれば、LINEモバイルでSNSを利用することをオススメ
します。また、UQモバイルの節約モードは高速通信をあまり必要としない方、楽天モバイ
ルは速度制限がかかっても高速通信を望む方にオススメでしょう。

LINEモバイルにデメリット?格安SIMは本当に使えるか


 格安SIM会社であるLINEモバイルはSNSデータフリーオプションがあることが特徴であ
りメリットでもあります。では逆に、LINEモバイルにはどのようなデメリットがあるので
しょうか。
♦LINEモバイルの特徴
♦LINEモバイルのデメリット・弱点
♦LINEモバイルの特徴
 LINEモバイルの一番の特徴は人気のSNSがデータフリーになるオプションがあることで
す。データフリーオプションは3つあります。
(データフリーオプション)
①LINEデータフリー  月額無料
月額無料でLINE内機能がデータフリーになります。LINEトーク・LINE通話・ビデオ電話
もデータフリーです。
②SNSデータフリー  月額280円
LINE・Twitter・Facebookがデータフリーで利用できます。
③SNS音楽データフリー  月額480円
LINE・Twitter・Facebookに加えてInstagram・LINEMUSICがデータフリーで利用でき
ます。
※②③は500MB以上のデータ量契約が必要です。SIMタイプに関わらず契約することがで
きます。
※対象外機能があります。詳しい機能は公式サイトで確認ができます。
他社格安SIM会社のSNSデータフリーとの違いは、節電モード(最大送受信速度
300Kbps)でも速度に制限がないこと・オンオフの切り替えがないこと・テザリングで利
用している端末もデータフリー対象になることです。
 SIMタイプは2つあります。音声通話SIMとデータSIMです。データSIMであれば最低月
額600円から利用でき、音声通話SIMでも最低月額1,100円から利用ができます。SNSデー
タフリーオプションを契約する場合は3GB以上の契約が必要なため、3GB契約をした場合
はデータSIMは月額980円、音声通話SIMは月額1,480円です。
 契約したデータ量が足りなくなった場合にはデータ量を追加することができます。LINE
モバイルの場合、500MB500円から追加することができ、少ない量だけの追加もできま
す。
 通話についてはLINE通話を利用することで無料で通話することができます。なおかつデ
ータフリーなので、データ量を気にせずに通話することもできます。他には「いつでも電
話」を利用することで通常通話料の半額である30秒10円で通話をすることができます。
「いつでも電話」はLINEモバイル契約者限定で利用することができる通話アプリで電話番
号を使った通話をすることができます。そのため、LINEを利用していない相手にも電話を
掛けることができます。
 LINEモバイルはSNSを多く利用する人にオススメの格安SIM会社です。SNS以外のデー
タ量をあまり利用しない人は安い金額でSNSはデータフリーで利用することができます。
また、データフリーに制限もありません。
♦LINEモバイルのデメリット・弱点
 LINEモバイルの料金は安く、SNSを多く利用する方にはオススメな格安SIM会社です。
では、どのようなデメリットがあるのでしょうか。
 契約に関してのデメリットは解約金が発生することです。LINEモバイルは最低利用期間
がなくなった代わりに解約をすると解約金が1,000円かかるようになりました。また、自
店舗が少ないため基本的には申し込みやプランの変更はインターネットで行うようになり
ます。故障時の申し込みもインターネットもしくはサポートセンターでの申し込みです。
しかし、ネットで申し込みを行う場合には故障端末の操作ができない場合、パソコンか他
の通信可能な端末が必要となります。どちらも無い時にはサポートセンターへの問い合わ
せとなりますが、大手三社のようにサポートセンターの拠点が多いわけではなく、受付時
間もありますので受付が完了するまでに時間がかかってしまうことがあります。大手三社
や自店舗数の多い格安SIM会社であれば、直接店舗へ持っていくこともできます。LINEモ
バイルの取り扱いがある家電量販店では故障受付はできないですので注意が必要です。
 LINEモバイルの弱点は通信速度です。LINEモバイルでは、大手三社全ての回線を選択す
ることができます。全ての回線で共通していることは、通信速度が平均的に可もなく不可
もない速度だということです。速くも遅くもありません。もちろん、利用する状況や時間
帯などによって変動します。
 ソフトバンク回線に関しては一日を通して安定した速度を保っています。著しく遅くな
ったり速まる時間帯がありません。
 ドコモ回線については朝(8時ごろから8時半)は普通ぐらいの速度が出ますが、昼(12
時ごろ)から速度が落ちています。昼(12時から12時45分ごろ)の時間帯が一番速度が落
ちます。
 au回線は朝の時間がは特別速度が速い日が多いです。しかし、ドコモ回線同様昼から速
度が落ちてしまいます。昼の時間帯が一番速度が遅いです。昼の時間帯はどの回線も速度
が落ちて平均で1Mbps以下です。
 格安SIM会社で速度が安定して速いのはUQモバイルです。速度計測をしている公式の会
社の調べでは常にUQモバイルは上位にいます。
 LINEモバイルはSNSを多く使うけれど月額料金は節約したい人や通常利用をメインで
し、高速通信を必要としない人には良い格安SIM会社です。しかし、高速通信が必要なア
プリを多く利用する人やインターネットでの申し込みが苦手な人は他社を検討した方が良
いかもしれません。

LINEモバイルのSNSデータフリーはどこまでデータフリーなのか?

<>
 LINEモバイルにはSNSデータフリーのオプションがあります。しかし、多くのデータフ
リープランやSNSデータフリーオプションには制限があることが多いです。LINEモバイル
のSNSデータフリーオプションにも制限はあるのでしょうか?
♦LINEモバイルのSNSデータフリーオプションってどのようなオプションなのか
♦SNSデータフリー対象外の機能
♦LINEモバイルの料金プランはどれくらいなのか
♦LINEモバイルのSNSデータフリーオプションってどのようなオプションなのか
 LINEモバイルのSNSデータフリーオプションは3つあります。共通しているのは、どの
SIMタイプでも契約することができること、データ通信の上限がないため、どれだけ利用
してもデータフリーというところです。(2020年3月3日現在)
⑴LINEデータフリー  月額無料
 LINEサービス利用時の通信がデータフリーで利用することができます。
⑵SNSデータフリー  月額280円
 LINE・Twitter・Facebookがデータフリーで利用することができます。
⑶SNS音楽データフリー  月額480円
 LINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINEMUSICがデータフリーで利用するこ
とができます。
 ⑵⑶は基本プラン3GB以上の契約が必要です。他の格安SIM会社との違いは3つあり、
節約モード(送受信最大300Kbps)に設定している時でもSNSには速度の制限がかから
ないこと・オンオフの切り替えがいらない・テザリングで利用している端末も対象になる
ということです。
 アプリだけでなく、ウェブブラウザでの利用もデータフリーで利用することができま
す。しかし、大容量データ通信を継続的に行った場合、一時的に通信が制限されることが
あります。
♦SNSデータフリー対象外の機能
 SNSの通信データ自体には制限はありません。しかし、一部機能に制限があります。
⑴LINE
・外部リンクへの接続
・グループ内LIVEの利用
・ニュース詳細閲覧
・スタンプショップ/着せ替えショップ
・LINE Payの利用
・LINEポイントの利用
・オープンチャット利用
・LINEの他アプリ(サービス)
LINE内でもスタンプショップや着せ替えショップはデータフリーではないので注意が必要
です。また、LINEのみデータフリーなのでその他LINE関連サービスはデータフリーではな
いので注意が必要です。
⑵Twitter
・外部リンクへの接続
・ツイート内YouTubeなどの閲覧
・公式アプリ以外の利用(ステッカーなど)
・ライブ動画(Periscope)配信/閲覧
ツイート内の内容でもYouTubeの閲覧はデータ通信を利用します。また、Twitterの公式ア
プリ以外のサービスを利用した場合にもデータ通信を利用します。
⑶Facebook
・外部リンクへの接続
・投稿に含むYouTubeなどの動画閲覧
・ライブ配信/閲覧
・Messengerの利用
Messengerの利用はFacebook内のサービスであっても通信料が発生します。
⑷Instagram
・外部リンクへの接続
・ライブ配信/閲覧
⑸LINEMUSIC
・ミュージックビデオの再生
 サービス内機能でもデータフリー対象外の機能があります。LINEモバイル公式サイトに
も記載があります。通常利用であれば基本的にデータフリー対象ですが、一部データフリ
ーではないので注意が必要です。
♦LINEモバイルの料金プランはどれくらいなのか
 LINEモバイルの基本料金は利用できるデータ量によって変動します。最低500MB月額
600円(データSIM)から選択することができます。SIMタイプは2つでデータSIMと音声
通話SIMです。最大12GB月額3200円(音声通話SIM)です。データ量が足りなくなった
時にはデータ量を追加することができます。500MB500円もしくは1GB1000円で月に10
回まで追加ができます。Wi-Fiオプションを契約すると月額200円で約49,000ヶ所の公衆
無線LANの利用ができます。マルチデバイスも可能でLINEモバイル契約以外の端末にも
Wi-Fiを繋ぐことができます。
 2020年2月19日から新しい音声通話アプリ「いつでも電話」がLINEモバイル契約者限
定で利用できるようになりました。申し込み不要で、アプリをインストールするだけで利
用できます。通話料は30秒10円です。申し込みから利用できるまでに少し時間がかかりま
す。最長で2日かかります。
 大手三社全ての回線を利用することができ、乗り換えも行いやすくなりました。また、
ベーシックプラン(新料金プラン)契約者は最低利用期間がありません。解約やMNPをす
る時には一律で解約手数料1000円が必要です。毎月の支払いは5日頃です。クレジットカ
ード・LINEPayカード・LINEPayのどれかでの設定です。口座振替はできません。
 LINEモバイルのでSNSデータフリーであってもデータフリー対象外になる機能がありま
す。しかし、基本機能はデータフリーで利用することができるので特に問題ないと思いま
す。SNSがデータフリーで利用することができるので、データ量を節約することもできま
す。