simだけ契約が最適?月額1000円未満のスマホ代節約技大公開

SIMだけ契約が最適?月額1000円未満のスマホ代節約技大公開
 格安SIM会社にして携帯代を安く抑える方法としてSIMだけ契約の方法をご存知ですか?
SIMだけ契約をすることで選択する格安SIM会社によっては月額1,000円未満で利用できる
可能性があるんですよ。今回は、そんなSIMだけ契約についてご紹介します。
♦SIMだけ契約とは?
♦家族でシェアすることで月額1,000円未満で利用できるかも!?
♦SIMだけ契約でおすすめ格安SIM会社
♦SIMだけ契約とは?
 まずは、SIMだけ契約についてご紹介していきます。SIMだけ契約とは、乗り換えをした
後も今使っているスマホはそのまま利用し、通信を行うSIMカードだけ新しい携帯会社に
変更する方法です。
 SIMだけ契約にすることで、新しい端末を購入する必要がないため、その分の料金を無
くすことができます。格安SIM会社では、SIMだけ契約をした場合でも携帯の保証は加入
できる会社が多いので、故障した時も安心です。
 また、新しいスマホに変え買えた場合にはデータの移行が必要ですが、今のままのスマ
ホを使うことでデータもそのまま使うことができるので、乗り換えをする手間を一つ減ら
すことができます。
 SIMだけ契約はどの格安SIM会社でも行うことが可能です。しかし、今使っているスマホ
が乗り換え後の会社でも使うことができるのかは事前に調べておく必要があります。端末
によっては使えない場合があるので注意しましょう。使えるのかどうかは乗り換えをする
会社の公式サイト「動作確認済み端末(一覧)を見ることで確認することができます。
 動作確認済み端末なのか調べるのと同時に、乗り換え後も同じ端末を使う場合にはSIM
ロック解除が必要なのかどうかについても調べておきましょう。今使っている通信会社と
乗り換え先の格安SIM会社の通信回線が同じ場合、SIMロック解除不要で乗り換えをする
ことができることがあります。しかし、全てに当てはまるわけではないので確認してくだ
さいね。
 SIMだけ契約であれば、インターネットで乗り換えの手続きをした場合最短で3日ほどで
新しいSIMカードが届くことが多いです。SIMカード自体は早めに手元に届きますが、乗
り換えの手続きをする時の注意事項として乗り換えに必要なMNP予約番号の有効期限が12
日以上必要になることがあるので、MNP予約番号は乗り換えの手続きをするギリギリに取
ることをおすすめします。
♦家族でシェアすることで月額1,000円未満で利用できるかも!?
 データ量をあまり使わない方は特に、「余ったデータ量を家族と分け合えたらいいの
に」と感じたことはないでしょうか。現在(2020年5月末時点)では三大キャリアにはデ
ータ量をシェアできるプランはありません。しかし、格安SIM会社であれば、データ量を
シェアできるプランがあります。シェアプランを利用することで、子回線にあたる番号は
月額1,000円未満でスマホを利用することができるかもしれません。では、格安SIM会社
のシェアプランはどのようなものなのかご紹介していきます。
 シェアプランを利用する場合には、必ず親回線と子回線ができます。親回線は大元のデ
ータ量を選び、シェアするメンバーにデータ量を分け合うようになるのです。親回線だか
らと言って、特別料金が高くなることはないので安心してくださいね。親回線は一人で契
約するときと同じプランからデータ量を選ぶことができます。しかし、選ぶことのできる
最低データ量には制限がある格安SIM会社もあるので注意しましょう。
 子回線は、データ量の料金は不要なので基本料金だけの支払いとなります。基本料金は
音声通話SIMで平均1,000円ほどです。通話料については加算になるので、通話をたくさん
するのであれば通話オプションなどで対応することができます。
 子回線については、1,000円以下で利用できる裏技もあります。それは、通話を全て
LINE通話などに置き換えることができる方であれば、データ通信専用SIMを使うことで月
額料金を抑えることができる方法です。データ通信専用SIMは月額500円ほどで使える格
安SIM会社がほとんどです。そのため、音声通話SIMを選択するより安い金額でスマホを
使うことができます。
 しかし、データ通信SIMは元々通話ができないSIMカードなので、通常の電話番号に電
話をかけることができません。また、緊急通話を利用することもできないのがデメリット
です。
 家族の連絡用でLINE通話で十分な方であれば問題ないかと思いますが、通常の通話も使
いたい方は向いていない方法ですので注意してくださいね。
♦SIMだけ契約でおすすめ格安SIM会社
 SIMだけ契約ができる格安SIM会社でおすすめな会社をご紹介していきます。今回は子回
線の料金と特徴についてお話ししてきますので、興味がある格安SIM会社があれば是非公
式サイトで細かい金額の確認をしてみてくださいね。
⑴BIGLOBEモバイル
 おすすめ1社目はBIGLBEモバイルです。
・シェアSIMカード(音声)  月額900円
・シェアSIMカード(SMS付き)  月額320円
・シェアSIMカード(データ専用)  月額200円
BIGLOBEモバイルであれば、音声通話SIMでも月額900円で利用することができます。も
し、データ専用SIMを選ぶのであれば、SNS付きを選びましょう。LINEなどのSMSは登
録の時にSMSでの認証が必要です。もし、SNS付きの契約をしていなかった場合、LINE
自体の登録ができず裏技も使うことができないので注意が必要です。
 子回線として追加できるSIMカードは最大4枚までです。シェアSIMカード(音声)の場
合、最低利用期間があります。BIGLOBEモバイルを利用し始めた付きを1ヶ月目とし、12
ヶ月目までに解約をした場合は解約するSIMカード1枚あたり1,000円発生するので解約す
る時には解約金に注意してくださいね。
 申し込みをした始めの月は初期手数料が3,394円(SIMカード追加手数料+SIMカード準
備料)が1度だけ発生します。
⑵OCNモバイルONE
 2社目におすすめするのはOCNモバイルONEです。
・音声対応SIMカード  月額1,000円
・SMS対応SIMカード  月額520円
・データ通信専用SIMカード  月額400円
 OCNモバイルONEでは、音声通話SIMは月額1,000円となっています。子回線として追
加できるSIMカードは最大4枚までで、BIGLOBEモバイルと同じです。
 しかし、OCNモバイルONEは解約金や最低量期間がないので利用に合わせていつでも通
信会社の見直しをすることができます。
 初期手数料については、親回線・子回線両方が新規契約の時は子回線の初期費用は1枚あ
たり394円(SIMカード手配料)と安い金額で手続きを進めることができます。追加で子
回線のみ追加する場合も、現在(2020年5月末)は、キャンペーン中なのでSIMカード手
配料392円で手続きすることができます。
 格安SIM会社で後悔しないように、家族や複数台で契約を考えている人であれば、一度
シェアができる格安SIM会社を探してみても良いのではないでしょうか。シェアすること
で1台あたりの料金を節約することができるかもしれませんよ。SIMだけ契約をすること
で、端末代を節約しつつ面倒なデータ移行を省略して乗り換えすることのできる方法もあ
ります。格安SIM会社の選び方として端末を購入しないSIMだけ契約についても乗り換えの
時の検討材料としてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す