simだけ契約にデメリット?格安スマホ後悔しない選び方の秘密

SIMだけ契約にデメリット?格安スマホ後悔しない選び方の秘密
 皆さんは端末を購入しないSIMだけ契約というものを知っていますか?今使っている端
末をそのまま乗り換え先の格安SIM会社で利用することで、新しい会社で端末の購入が不
要となりその分料金を安くできる方法です。SIMだけ契約をすることで料金を抑えること
はできますが、もちろんデメリットもあります。今回は、SIMだけ契約と格安スマホを購
入した場合を比較しながら格安スマホでも後悔しない選び方についてご紹介していきま
す。
♦SIMだけ契約のデメリット
♦格安スマホとSIMだけ契約どちらの方がお得?
♦格安スマホを購入するときの選び方は?
♦SIMだけ契約のデメリット
 まずは、SIMだけ契約をするデメリットについてご紹介していきます。SIMだけ契約をす
るということは、今使っているスマホは今後も使っていくことになるとお伝えしましたよ
ね。まだ新しい購入したばかりの端末であれば、契約後利用していても問題ないかと思い
ますが、すでに一定期間使っている端末であれば、その後すぐに不具合が出てくる可能性
があります。例えば、スマホやiPhoneの充電寿命は2年と言われています。2年過ぎると少
しずつ充電の減りが早くなると感じてくるかもしれません。また、Androidスマホの場合
は購入した時点でインストールできる最大のOSが決まっています。そのため、最大OS以
上が出てきた時にアプリが使えなくなってしまう恐れがあります。
 契約の途中で端末を買い換えそ分割でするとなると、契約期間がある格安SIM会社で契
約をしている場合、更新期間と端末代金の支払い終了までの期間がズレてしまいます。更
新期間に解約をしようとした時に端末だいきんがまだ残ってしまう結果になってしまうの
で、注意が必要です。
 使っているスマホによっては乗り換え先の格安SIM会社で利用できない端末もありま
す。使うことができる端末なのかは公式サイトの動作確認済み端末(一覧)から確認する
ことが可能です。特にAndroidスマホやタブレット(iPad)は十分確認してから乗り換え
の手続きをしなければなりません。
 利用できることを確認できたら今度はSIMロック解除を行う必要があります。SIMロッ
ク解除はしなくても住むことがあるので、その確認も必要でしょう。そして、端末によっ
てはSIMロック解除するために今使っている携帯会社のショップへの来店をしないといけ
ないといけなくなることがあるので、必ず乗り換えの手続きをする前に確認をしてくださ
いね。
 SIMだけ契約をした時には初期設定を自分でしないといけません。電話でのサポートは
どの格安SIM会社でも基本的にありますが、三大キャリアのように大きなコールセンター
があるわけではないため、繁忙期などは特に繋がるまでに時間がかかってしまうこともあ
るでしょう。そのなると、初期設定が完了するまでに時間がかかってしまいます。
 利用開始をするには電話やインターネットでの開通作業が必要な場合には、SIMカード
を入れ替えて初期設定をまずしないといけないことが多いので、SIMカードが手元に届い
てもすぐに使うことができない可能性もありますね。
 初期設定について不安がある方は自店舗がある格安SIM会社を選ぶのも一つの方法です
が、格安SIM会社は自店舗を持たないことが多いので、自店舗で選んでしまうと契約でき
る格安SIM会社が減ってしまいます。
 選んだ格安SIM会社によっては、持ち込んだ機種(購入していない機種)は携帯補償に
加入できない場合もあります。その場合は、故障した時点で端末の購入をしないといけな
くなるので気を付けましょう。補償をつけたいと考えている方は補償も申し込み前に調べ
ておく必要があります。
 携帯補償は加入できる条件や申し込みできる期間に限りがあり、契約時に申し込みをし
ておかないと加入できなくなることもあるので注意しましょう。
 SIMだけ契約をすることで、データの移行が不要になったり、料金が安く済むメリット
もありますが、契約後の初期設定や補償など気を付ける点もあるのです。確認事項が多く
なってしまうので乗り換えの手続き前にしないといけないことは忘れないように、確認と
前の携帯会社での手続きをしないといけないことを覚えておいてください。
♦格安スマホとSIMだけ契約どちらの方がお得?
 格安スマホを購入するのと、SIMだけ契約をするのはどちらの方がお得なのでしょう
か?
⑴今使っている機種が高スペックで2年以内の場合
 今使っている端末が2年以内のものであれば、SIMだけ契約をする方がお得でしょう。格
安SIM会社にして後悔する理由の1つとして、格安SIM会社に変えたのに料金があまり変わ
らなかったことが挙げられることがあります。料金プラン自体は格安SIM会社の方が安い
はずなのに三大キャリアと変わらない金額になってしまう原因は、端末代金です。端末代
金を分割で支払いしていて、まだ支払いが終わっていないのに乗り換えてしまうと今まで
割引で安くなっていた端末代金が割引がなくなり倍の料金になってしまうことがあるので
す。それに加えて新しく契約した格安SIM会社で端末購入をすると、乗り換え先の格安SIM
会社での料金にプラス割引の入っていない端末代金の支払いが重なってしまうため、せっ
かく節約のために格安SIM会社に乗り換えたのに意味がなくなってしまいますよね。
 今使っている端末代金の分割が残っている間はSIMだけ契約で利用し、支払いが終わっ
てから新しい端末を購入することで重なることは防ぐことができますよね。大体の分割は2
年で設定している人が多いかと思います。そのため、分割代金が残っているということは2
年未満の端末であることがほとんどだと思うので、すぐに端末が悪くなってしまうことも
ないでしょう。
 また、格安SIM会社で取り扱いのある端末は型が少し前のものを安くで販売しているこ
とが多いです。そのため、今使っている端末の方がスペックがいいこともあります。
⑵2年以上経っている端末を利用している場合
 購入して2年以上経っている端末を使っている人であれば、近いうちに端末を買い直さな
いといけなくなったり、新しい端末が欲しいと感じてくる頃だと思います。そのため、2年
以上経っている端末を使っているのであれば乗り換えと同時にスマホも買い換えることを
おすすめします。
 しかし、iPhone利用者は注意が必要です。現在(2020年5月末)、格安SIM会社で取り
扱いの多いiPhone端末はiPhone6SもしくはiPhone7です。今使っている端末がiPhone7
以降であれば、今使っている端末をそのまま使った方がいいでしょう。端末のスペックが
落ちてしまうだけでなく、iOSのサポートが早いうちに終了してしまう恐れがあるからで
す。
 iPhoneのiOSはAndroidスマホと違い、インストールできる最大OSが決まっていないの
ですが、急にサポート終了してしまい、インストールできなくなることがあります。
iPhone6以降の端末は2019年12月に発表されたiOSからインストールできなくなりまし
た。販売されているiPhone6Sも実際いつiOSのサービスが終了するかわかりません。
iPhone利用者は2年以上端末を使っている場合でも、格安SIM会社で取り扱いのある端末
が今使っているiPhoneより古いものであればそのまま今使っているものを使い続けること
をおすすめします。
♦格安スマホを購入するときの選び方は?
 格安スマホを購入する場合、後悔しない選び方についてご紹介します。参考に新しい端
末を選んでいただけると幸いです。まず、今使っている端末のスペックについて知っておく
必要があります。簡単なところだけでいいので、本体に保存できる容量(ROM)はどれく
らいあるのか・処理速度の速さである(RAM)の大きさは知っておくと今使っている端末
と比較するときに便利です。Androidのスマホは多くの会社がそれぞれ出しているので、
端末ごとに特徴があります。そのとき発売されている端末によって違うので、自分が重要
視する点を見ていくと良いです。
 ROM・RAMについては、最低でも今使っているものと同じ大きさのものを選びましょ
う。今使っているものより小さいものを選んでしまうと、後から増やすことができないの
で大切なデータを消さないといけなくなる恐れがあります。
 格安スマホで失敗しないように選ぶ場合には、必ず最低ラインを今使っているスマホと
同じ数値に設定をしそれよりも大きなものを選ぶようにしましょう。そうすることで処理
速度や容量については問題なく利用することができます。iPhone利用者の場合には、格安
SIM会社で取り扱いのあるiPhoneはとても少ないのでSIMだけ契約をすることもあるでし
ょうから、しっかり準備して格安SIM会社でも後悔しないように契約をしてくださいね。

コメントを残す