mvno評判チェック!5gのiphone利用者デメリットとは

<5G開始とiPhone>
5G通信開始を楽しみにしていた方も多くいると思います。iPhone端末も今後5G通信対
応端末の発売がされるようになるでしょう。5Gが利用できるようになることでのメリッ
ト・デメリットとどのようにiPhone端末に関係してくるのかについてご紹介します。
♦5G通信でできること
♦iPhone端末との関連は?
♦5G通信でできること
5G通信が日本でも2020年3月から本格的に利用できるようになりました。4G通信より
速い速度での通信ができるということはなんとなくですが認識している方も多いかと思い
ます。まずは、5G通信でできることについてご紹介します。
⑴4K/8K動画をストレスフリーで快適に見ることができる
4G通信では、通常画質のストリーミング再生は問題なく高速で再生ができます。しか
し、フルハイビジョン画質や4K/8Kなどの高画質動画の再生には再生に時間がかかってし
まうことがあります。それは、自宅のWi-Fiを利用していても同じです。4G通信やWi-Fiも
通信できる最大速度には限界があるため、データ通信速度をたくさん必要とする高画質の
画像再生には時間がかかってしまうのです。5G通信になると、今までの倍以上の速度で大
容量の通信が可能になるため、4K/8K動画もすぐにダウンロード、再生が可能になるので
す。
⑵自由な視点でスポーツ中継を見ることができる
5Gの特集や公式サイトで5Gでできることの1つとして、自由な視点でスポーツ中継を見
ることができると紹介があっているのを見たことがある方もいると思います。5Gでは大容
量のデータを高速で通信することが可能です。そのため、様々な角度から撮られた映像を
即座に合成することができます。その映像を見ることでスタジアムの中に実際にいるかの
ような臨場感いっぱいの映像を楽しむことができるのです。現在の4Gではそこまでの大容
量データを高速で通信することができないため、即座に合成することができません。5G通
信だからこそ可能になります。
オンライン会議やオンライン授業が発達している今、現状の4G回線では通信エラーが出
たり映像が途中で止まってしまうことがあります。しかし、5Gが復旧することで映像が止
まらずにスムーズなやりとりが可能になります。オンラインでの大容量通信がスムーズにで
きることで離れた場所にいる人と音楽の演奏ができたり、VRを利用したよりリアルなゲー
ム対戦などができるようにもなります。
⑶無人で効率的な作業ができる
5G通信を利用することで、ドローンをより正確に利用することができます。ドローンで
の郵便の無人配達の実現や農業をデータ化し効率的に行うこともできると期待されていま
す。
また、遠隔での手術を可能にするとも言われています。リアルタイムでロボットと人がリ
ンクし同じ動きをすることが可能になると言われているのです。現実になれば、遠隔での
手術が可能となり、より平等な医療を受けられるでしょう。5Gを利用したロボットの中に
は、ロボットが触っている物の感触までも操作している人間に伝えることのできる技術が
存在します。
⑷身の回りのあらゆる物をインターネットに接続することができる
現在の4G通信でも家電とスマホをインターネットを利用して接続することができます。
5G通信は4G通信より同時に接続できる端末数が増加します。追加できる端末は4G通信の
100倍とも言われています。そのため、現在より多くのデバイスとの接続が可能になるた
め、効率的な生活に役立つ情報を瞬時に検索することができるようになるかもしれませ
ん。
5G通信と言われても、私たちの生活への影響を想像しづらいですが、実際は生活に大き
く関係してくるものがたくさんあるのです。現在はまだ、5G通信を利用できるエリアは少
ないですが、5年後には半分以上の人が5G通信を利用できるように各通信事業者は整備を
進めています。割と近い将来の生活が5Gにより快適でよりネット社会が進む可能性もある
でしょう。
♦iPhone端末との関連は?
まだまだ5G通信の利用できるエリアは限られていています。ドコモでは、3月末に15の
施設が増え、2020年の夏にまた5G通信が可能な場所が増える予定です。それでも、利用
できる場所は公共機関やドコモショップばかりです。しかし、5Gの普及に先駆け、端末は
5G対応端末が多く発売予定です。
iPhoneは2020年発売予定の端末は5G通信対応になるのではないかと噂されています。
大容量データ量を高速通信ができる5Gを利用することで、現在は時間がかかるiCloudへデ
ータを預けたり復元したりする速度も速くなるのではないでしょうか。また、iOSの更新
速度が速くなる可能性もあります。
まだまだ、5Gがスマホで利用できるようになるには時間がかかるため、急いで5G端末
を購入する必要はないかもしれません。
しかし、5G通信の普及によりiOSに変化が出る可能があります。すでに、iPhone6以前
のiPhoneではiOSの更新が対象外になっています。現在のiOSの最新版はバージョン13.4
です。もちろん、iPhone6以前の端末は更新することができません。iOSと共にアプリの
バージョンも更新されていくため、iOSの更新ができないとアプリの利用もできなくなる可
能性があります。iPhone利用者はiOSの更新ができる対象の端末かを今後は確認しておい
た方が良いでしょう。

コメントを残す