マイネオ仕組み解説/格安sim後悔しない!mvno安い理由は?

マイネオ 格安simの仕組み

格安simの会社を選ぶ前にそもそものモワッとした疑問である

格安simは何故安いのか?

大手キャリアとの違いはなんなのか?

についての疑問にお答えします。

ここをしっかり理解しておく事で契約した後にやめておけば良かったと後悔することを少なからず軽減する事ができます。

そもそもMNOとは大手キャリアの事でmvnoが格安sim会社になります。

格安simが安い理由は大きく3つあります。

  1. 通信回線を借りている
  2. 実店舗がない(もしくは少ない)
  3. メインの販売がsimなので端末の開発費用を抑えられる

上記の様な経費削減が徹底的にされているため、ユーザーに安くで提供をすることができます。

2、3については説明をしなくても大体わかると思いますので1の通信回線を借りているについて次で詳しく解説します。

格安sim MVNOは回線を借りている

格安sim会社は自社で回線をもたずに大手キャリアから低料金で回線を借りているため、安くで提供する事ができます。

その為マイネオなどの大手キャリア全てに対応している会社はAプラン、Dプラン、Sプランなどに分かれており回線によって料金が異なります。(統一しているsim会社もあります。)

ではそもそも回線を借りているとはどういう事なのか?

大手キャリアの様な通信回線を提供するには通信設備を運営するための維持費や設営費など莫大な費用がかかりますが回線だけを借りる事で低額で貸し出す事が可能です。

そのため、大手キャリアはその分通信料が高くなってしまうという事になります。

ですが格安simは借りている側ですのでどうしてもデメリットが発生してしまいます。

ここからが1番重要で格安simの通信回線が遅くなってしまう原因になります。

従来のdocomoやauに登録しているユーザーの通信速度に影響が出ない様に大手キャリアが格安simに貸し出す通信量に制限をかけている為、出勤時間、昼時、退勤時間などの回線が混み合う時間帯は遅くなってしまいます。

では借りている側の格安simはどこの会社も混み合う時間帯は遅いのか?

答えはNOです。

格安simの会社ごとで大手キャリアと契約しているデータ量が異なる為、通信速度には差があります。

もう一つの理由がMVNOでありながら大手キャリアの傘下として格安simを販売している格安simもある為、その様な会社は他社と比較しても通信速度は安定しています。

速度で後悔しないオススメ格安sim

徹底的に速度に拘りたいならY!モバイル

Y!モバイルは格安simの中では料金だけを見ると安い方ではありませんがその分格安simの中でも1番通信速度が早く安定しています。

また利用料金が他社より高いと言っても

月々9GBとタップリ使えて国内無料通話10分間かけ放題がついて3680円なので大手キャリアから乗り換えることを考えると月々の料金を大幅に下げる事ができます。

Y!モバイルはMNOとMVNOのいいとこ取り

通信速度が早い理由はY!モバイルはもとはウィルコムとイーモバイルが合併した会社の為、もともと独自の回線を使用していました、そこでさらにSoftBank回線をレンタルする事で大手キャリアにも引けを取らない安定した通信速度を実現しています。

次に速度に定評があるのがUQモバイル

Y!モバイルには少し及びませんがUQモバイルも格安simの中では非常に早いMVNOになります。

UQモバイルが早い理由は定かではありませんが有力な説としては上記でも解説したauに支払っているデータ通信費用が高い事が挙げられます。

その為、3GBのプランですとマイネオに比べ月々380円ほど高くなってしまいますがその分、携帯が繋がらないなどといったストレスを溜めずに快適に使用する事が可能です。

速度を重視するか料金を重視するかは人により違いますが大手キャリアから乗り換えることを考えると格安simにするだけで大幅に月々の利用料金を下げれるので安さを重視しすぎて後悔するよりも快適さを選ぶことをオススメします。

コメントを残す