格安sim 口座振替は可能? クレカなしで最安mvnoを利用する秘訣

クレジットカードを持っていないけれど格安SIMを利用したい、とお考えの方は意外と多いのではないでしょうか。
今回はこのような方に向けて、格安SIMの支払い方法や、後悔しないMVNOの選び方についてご紹介します。

・知っておきたい格安SIM・MVNOの基礎知識
・格安SIMの支払いは口座振替でできるの?
・後悔しないMVNO選びのポイント

知っておきたい格安SIM・MVNOの基礎知識
格安SIMとは、大手携帯電話会社の通信設備を借り受けた会社(=MVNO)が提供するSIMカードです。大手携帯電話会社よりも安くスマホを利用できるのが格安SIMの魅力です。

格安SIMの支払いは口座振替でできるの?
結論から申し上げますと、格安SIMの支払いを口座振替で行うことは可能です。ただし口座振替を取り扱うMVNOは少ないのが現状といえます。
格安SIMの支払い方法は、クレジットカード払いが一般的です。その理由として、料金未払いの危険性や料金回収のコストを減らせることが挙げられます。

《口座振替が可能なMVNOはどこ?》
UQモバイル、ワイモバイル、OCNモバイルONEは口座振替が可能です。ただし口座振替の手続きをとるための条件がMVNOごとに設定されているので、条件をよく確認しましょう。
MVNOで有名なLINEモバイルは、口座振替に対応していません。しかしLINE Payカードのチャージ先を銀行口座にすることで、間接的に口座振替にすることが可能です。

後悔しないMVNO選びのポイント
口座振替が可能なMVNOを選択する際に留意しておきたいポイントは以下の通りです。

《口座振替のデメリットを把握したうえでMVNOを選ぶ》
口座振替はクレジットカードを使えない方には便利なサービスです。しかし口座振替の最大のデメリットは、手続き完了までに時間がかかることです。Web申し込みができず、郵送や専用窓口への電話連絡が必要な場合もあります。またSIMカードの即日発行ができない点もデメリットといえるでしょう。
今すぐに格安SIMを使いたい方にはあまり向いていない支払い方法ということを覚えておきましょう。

《口座振替に対応しているSIMの種類を確認する》
SIMカードには音声通話SIMとデータ専用SIMの2種類があります。音声通話SIMは電話とデータ通信の両方を利用できます。対してデータ専用SIMはデータ通信のみ対応のSIMカードであり、電話はできません。
MVNOによってはSIMカードの種類により口座振替に対応していない場合もあります。スマホの用途を明確にしてSIMカードを選択することをおすすめします。

まとめ
・格安SIMの支払いは口座振替でも可能である。
・UQモバイルやワイモバイルなど一部MVNOでは口座振替に対応している。
・MVNO選びの際は口座振替のデメリットを把握すること、SIMカードの種類を吟味することが大切である。

コメントを残す