格安simデビットカード払いは可能?後悔しないmvnoの選び方

毎月のスマホ料金を安くするために、現在ご利用のスマホから格安simへの乗り換えを検討されている方は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は格安simの支払い方法や、mvno選びで後悔しないためのポイントについてご紹介します。

・格安simってそもそも何?
・格安simの料金をデビットカードで支払うことは可能?
・後悔しないmvnoの選び方

格安simってそもそも何?
格安simとは、ドコモやau、ソフトバンクといった、大手携帯電話会社が持つ通信設備を借り受けた通信業者が提供するsimカードのことです。
キャリアメールが使用できないなどのデメリットもありますが、大手携帯電話会社よりも格安の料金でスマホを利用できるのが魅力といえます。

格安simの料金をデビットカードで支払うことは可能?
クレジットカードを利用できず、デビットカード払いを希望する方もいらっしゃるでしょう。しかしワイモバイルやLINEモバイルをはじめ、デビットカード支払いを採用している会社は少ないのが現状です。クレジットカード払い以外の決済方法として、口座振替を取り入れている会社が多いと言えます。

後悔しないmvnoの選び方
《mvnoとは》
mvnoとはMobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略です。
他の携帯電話会社から通信設備を借り受けて格安simを提供する会社のことを指します。
よく知られているmvnoとしてはUQモバイル、ワイモバイルなどが挙げられます。

<格安simとmvnoの違いは何?>
「格安sim=商品」、「mvno=会社」でありますが、あまり区別せずに使われることも多く、ほぼ同義と捉えてよいでしょう。

《mvno選びのポイント》
数あるmvnoの中から自分に最適なものを選ぶのは至難の業かと思います。以下のポイントを参考に、後悔のないmvno選びを目指しましょう。

<音声通話simかデータ専用simかを選ぶ>
音声通話simは電話とデータ通信が可能です。一方、データ専用simはデータ通信のみに対応しています。データ専用simは音声通話simよりも安くなりますが、通常の電話だけでなく緊急通報(110や119)もできないので注意が必要です。スマホを2台持ちする場合やタブレットを使用する場合は、データ専用simを選択するのがおすすめです。

<通信容量を確認する>
mvnoでは通信容量ごとに料金プランを設定していることが多いです。
自分が毎月何ギガ使用しているのかを確認し、使用量に合った料金プランを扱っているmvnoを選びましょう。

まとめ

・格安simの利用でスマホ代を安くできる。
・格安simの料金をデビットカードで支払うことは難しい。
・simの種類や月々の通信料を考慮し、mvnoを選ぶとよい。

コメントを残す