5g格安simおすすめはどこ?次世代移動通信システムの選び方

5gで格安simはどう変わる?

結論:5gの導入によりmvnoは大きく変化する、がまだ先の話

そもそも5gとは5th Generationの略で初期の移動電話で使用されていた時から数えて5世代目の技術ということになります。

現在の通信技術はほとんど4gでdocomoの4G LTEが1番わかりやすいかと思います。

そして4Gから5Gに世代が交代する時はゆっくり徐々に時間をかけて変化していきます。

さらに5Gを利用するには5Gの基地局の準備ができ徐々にエリアを拡大できたとしてもスマホも5Gに対応する必要があるため5Gのサービスが開始されたからといってすぐに5Gを利用できるわけではありません。

5Gが仮に格安simに普及されはじめたとしたら今の料金プランや内容も一新され、新たなmvnoや料金プランも登場し現在の格安simとは思えないほどの性能を利用する事が可能だと考えられます。

5Gの3つの魅力

5Gが普及して使えるようになることで格安simはもちろん我々の生活にも大きな変化をもたらします。

5Gが普及することによって変わる大きな変化は下記3つ

  • 超低遅延
  • 多数接続
  • 高速・大容量

これらが普及することにより通信速度は現状の20倍から200倍になることで高画質の映画でも数秒でダウンロードが可能になります。

また現在では1秒の100分の1ほどの通信遅延が発生すると言われていますが5Gになることでその通信遅延はさらに10分の1に軽減されるため体感ではほとんど通信遅延を感じる事がありません。

格安simで5Gが利用できるのはいつなのか?

2020年6月現在では現状5Gが普及されたばかりで5G対応の端末も値段が高価なものばかりでさらにまだ全国的に5Gが普及されているわけではないので早くても1年後から2年後と見るのが妥当ではないかと思われます。

上記でも述べましたが5Gを利用するためには全国的に5G対応させる設備の設置の必要性と5Gに対応した端末が必要になるため、5G回線が普及したことによってmvnoがすぐに利用できるとは考えにくい事が挙げられるからです。

2022年ぐらいに地方にも5Gの通信設備が設置され全国的に5Gが普及された段階ぐらいでは格安simの通常プランにも5Gが導入されるでしょうが現状では対応している端末が少ない事と都心でしか5Gがそもそも対応していないため、5G端末を持っていたとしても5Gの恩恵を受けることはできません。

ですのでmvnoが5Gを発表したからといってすぐに変更してしまっては確実に後悔することになるので、ここは買いたい気持ちをグッと抑えてまず5Gが全国的に普及することと5G対応端末を安い料金で買えるようになるまで我慢するのが得策です。

次世代通信システムの選び方

安定した通信エリア、環境で普及され始めるのが1番早いと現状で考えられるのはUQモバイルとY!モバイルの2社になります。

まずmvnoの通信回線の仕組みから簡単に説明させていただくとUQモバイルとY!モバイル以外のmvnoは通信回線を大手キャリアから借りている形になります。

そのため、大手キャリアに5Gが普及されはじめたからといって正規のユーザーより先にmvnoに貸し出すことは考えづらいからです。

ですが上記の2社はmvnoでありながらUQモバイルはau、Y!モバイルはSoftBankの子会社であるため、他のmvnoとは立ち位置が異なり、他のmvnoよりも優先して通信回線を利用する事が可能です。

そのためmvnoの中では早めにサービスを開始される事が予想されます。

そして上記2社は現状で既に格安simの中でもトップクラスに早く非常に安定した通信速度で通信が可能なため5Gになる前から使用し、5Gが普及しはじめたら乗り換えるなども可能になると思われるので5Gにいち早く乗り換えたい方にも格安simに乗り換えようか迷っている方にもオススメです。

5g

4gが繋がらない?格安simの5g端末デメリット大解剖

<5G開始と格安sim>
2020年3月から各キャリアで5Gの提供が始まりました。各キャリアの回線を間借りし
ている格安SIM会社はどのように関係してくるのでしょう。また、5Gとはどのようなサー
ビスなのでしょうか。
♦4Gと5Gの違い
♦現在5G通信が利用できるスポット
♦格安SIM会社は5Gは関係あるのか?
♦4Gと5Gの違い
まず、4G通信と5G通信の違いについてご紹介します。5G通信は4G通信と比べて10倍
以上の速度でも通信が可能となります。そのため、今まで時間がかかっていたダウンロー
ドサービスでも数秒でダウンロードが完了するようになるのです。この機能を利用するこ
とで、今までできなかったサービスが可能になり、よりインターネット社会が快適に利用
できるようになるのです。
また、5G通信は複数端末との同時接続数も増やすことができます。同時接続すること
で、処理に時間がかかり、速度の低下やエラーに繋がっていたのですが、5G通信が利用で
きるようになることでスムーズな接続が可能です。
大量データ量の高速通信を可能とした5G通信ではオンライン上でもリアルタイムな映像
を届けることができるため、医療現場やオンライン授業にももっと役に立つことでしょ
う。将来的には5G通信を利用し、ロボットでの遠隔手術やドローンによる無人配達ができ
るような技術開発も行われています。
身近なエンターテイメントとしては、ライブやスポーツ観戦などをその場にいなくても
見たい角度の映像で実際に最前列で観戦しているような映像で見ることができます。ま
た、自動運転の車の技術向上など、身近なサービスと5Gは密接に関わってきます。スマホ
端末は最低でも5年以内に半数以上の人が実際に利用できるように、電波塔施設の整備を進
めるとのことです。
♦現在5G通信が利用できるスポット
現在5G通信が利用できるエリアは少なく、実際に利用できるのはドコモ・au・ソフト
バンクのキャリアで契約をしていて、なおかつ5G通信対応端末を持っている必要がありま
す。5G通信対応の端末の発売はされていますが、まだまだ少ないです。また、利用できる
エリアも携帯ショップや大型施設に限られているので、すぐにスマホで利用できるように
はならないでしょう。
♦格安SIM会社は5Gは関係あるのか?
今回のメインテーマは格安SIM会社に5G通信はどのように関係して来るのかについてで
す。まず、簡単に格安SIM会社の仕組みについてご説明します。格安SIM会社は大手三社か
ら回線を間借りして利用者に通信を提供しています。間借りしている回線は全てではな
く、一部の回線なので、借りている回線数によってそれぞれの会社で実際の利用している
時の速度が違うのです。マルチキャリア対応の格安SIM会社であれば、複数のキャリアか
ら回線を借りているため、利用したい回線を選択でき、乗り換えの際に手続きが楽に進め
ることができます。
⑴通信網について
通信網と5G通信との関係性ですが、大手三社の回線を利用している格安SIM会社ではま
ず間借りしている大手三社の回線が5G通信の利用開始されない限り格安SIM会社で5G通
信を利用することはできないでしょう。また、現在格安SIM会社が借りている回線はあく
までも4G回線が利用できる回線なので、5G通信ができるようになった回線を借りないと
格安SIM会社では利用者に5G通信を提供することができません。
大手三社では5G通信を商用サービス開始と同時に格安SIM会社にも設備を貸し出すと表
明はしていますが、格安SIM会社への提供条件が決まらない状態なのでまだ実際には貸し
出されていません。問題点はそれだけでなく、貸し出すために大手三社が格安SIM会社へ
徴収する貸出料金についても問題が上がっています。5G通信を貸し出すにおいて、4G回
線以上の貸出料金が発生することが予想されます。そうなると、貸出料金が高額になった
り、5G通信を利用していない格安SIM会社にも同じように高額な金額の請求を行うことに
なり、不平等であるという点です。
また、格安SIM会社では利用者が4G通信と5G通信のどちらを利用しているのかを現時
点では認識できない可能性が高いそうです。4G通信と5G通信で利用料金(プランの料
金)が変わるため、認識できないことは格安SIM会社では大きな打撃となります。
そのような色々な問題も重なり、今後どのタイミングで格安SIM会社が5G通信を利用で
きるのかは不明です。今後はまだ格安SIM会社では4G通信しか利用することがでいないで
しょう。
⑵端末の問題
格安SIM会社で販売している端末は発売時期が大手三社より少し遅いことがほとんどで
す。iPhoneについては多くの格安SIM会社で販売されている最新機種はiPhone7のことが
ほとんどです。しかし、現在のiPhoneの新機種はiPhone11です。Androidスマホも同様
で、格安SIM会社で新作商品として発売している端末は方が古いものが多いです。そのた
め、格安SIM会社では端末を通常価格より安く提供することができています。しかし、そ
うなると5G対応端末の発売も時期が遅れるため、5Gが格安SIM会社で利用できるように
なった時期に5G対応端末が手に入るかは不明です。
大手三社でようやく始まった5G通信はまだ一般には普及していない状態です。そのた
め、大手三社と同時期に5G通信の利用ができるようになることはほぼ無いです。格安SIM
会社利用の方は、今後5G通信が利用できるのは、まだ先になるでしょう。

5g

mvno評判チェック!5gのiphone利用者デメリットとは

<5G開始とiPhone>
5G通信開始を楽しみにしていた方も多くいると思います。iPhone端末も今後5G通信対
応端末の発売がされるようになるでしょう。5Gが利用できるようになることでのメリッ
ト・デメリットとどのようにiPhone端末に関係してくるのかについてご紹介します。
♦5G通信でできること
♦iPhone端末との関連は?
♦5G通信でできること
5G通信が日本でも2020年3月から本格的に利用できるようになりました。4G通信より
速い速度での通信ができるということはなんとなくですが認識している方も多いかと思い
ます。まずは、5G通信でできることについてご紹介します。
⑴4K/8K動画をストレスフリーで快適に見ることができる
4G通信では、通常画質のストリーミング再生は問題なく高速で再生ができます。しか
し、フルハイビジョン画質や4K/8Kなどの高画質動画の再生には再生に時間がかかってし
まうことがあります。それは、自宅のWi-Fiを利用していても同じです。4G通信やWi-Fiも
通信できる最大速度には限界があるため、データ通信速度をたくさん必要とする高画質の
画像再生には時間がかかってしまうのです。5G通信になると、今までの倍以上の速度で大
容量の通信が可能になるため、4K/8K動画もすぐにダウンロード、再生が可能になるので
す。
⑵自由な視点でスポーツ中継を見ることができる
5Gの特集や公式サイトで5Gでできることの1つとして、自由な視点でスポーツ中継を見
ることができると紹介があっているのを見たことがある方もいると思います。5Gでは大容
量のデータを高速で通信することが可能です。そのため、様々な角度から撮られた映像を
即座に合成することができます。その映像を見ることでスタジアムの中に実際にいるかの
ような臨場感いっぱいの映像を楽しむことができるのです。現在の4Gではそこまでの大容
量データを高速で通信することができないため、即座に合成することができません。5G通
信だからこそ可能になります。
オンライン会議やオンライン授業が発達している今、現状の4G回線では通信エラーが出
たり映像が途中で止まってしまうことがあります。しかし、5Gが復旧することで映像が止
まらずにスムーズなやりとりが可能になります。オンラインでの大容量通信がスムーズにで
きることで離れた場所にいる人と音楽の演奏ができたり、VRを利用したよりリアルなゲー
ム対戦などができるようにもなります。
⑶無人で効率的な作業ができる
5G通信を利用することで、ドローンをより正確に利用することができます。ドローンで
の郵便の無人配達の実現や農業をデータ化し効率的に行うこともできると期待されていま
す。
また、遠隔での手術を可能にするとも言われています。リアルタイムでロボットと人がリ
ンクし同じ動きをすることが可能になると言われているのです。現実になれば、遠隔での
手術が可能となり、より平等な医療を受けられるでしょう。5Gを利用したロボットの中に
は、ロボットが触っている物の感触までも操作している人間に伝えることのできる技術が
存在します。
⑷身の回りのあらゆる物をインターネットに接続することができる
現在の4G通信でも家電とスマホをインターネットを利用して接続することができます。
5G通信は4G通信より同時に接続できる端末数が増加します。追加できる端末は4G通信の
100倍とも言われています。そのため、現在より多くのデバイスとの接続が可能になるた
め、効率的な生活に役立つ情報を瞬時に検索することができるようになるかもしれませ
ん。
5G通信と言われても、私たちの生活への影響を想像しづらいですが、実際は生活に大き
く関係してくるものがたくさんあるのです。現在はまだ、5G通信を利用できるエリアは少
ないですが、5年後には半分以上の人が5G通信を利用できるように各通信事業者は整備を
進めています。割と近い将来の生活が5Gにより快適でよりネット社会が進む可能性もある
でしょう。
♦iPhone端末との関連は?
まだまだ5G通信の利用できるエリアは限られていています。ドコモでは、3月末に15の
施設が増え、2020年の夏にまた5G通信が可能な場所が増える予定です。それでも、利用
できる場所は公共機関やドコモショップばかりです。しかし、5Gの普及に先駆け、端末は
5G対応端末が多く発売予定です。
iPhoneは2020年発売予定の端末は5G通信対応になるのではないかと噂されています。
大容量データ量を高速通信ができる5Gを利用することで、現在は時間がかかるiCloudへデ
ータを預けたり復元したりする速度も速くなるのではないでしょうか。また、iOSの更新
速度が速くなる可能性もあります。
まだまだ、5Gがスマホで利用できるようになるには時間がかかるため、急いで5G端末
を購入する必要はないかもしれません。
しかし、5G通信の普及によりiOSに変化が出る可能があります。すでに、iPhone6以前
のiPhoneではiOSの更新が対象外になっています。現在のiOSの最新版はバージョン13.4
です。もちろん、iPhone6以前の端末は更新することができません。iOSと共にアプリの
バージョンも更新されていくため、iOSの更新ができないとアプリの利用もできなくなる可
能性があります。iPhone利用者はiOSの更新ができる対象の端末かを今後は確認しておい
た方が良いでしょう。

5g