寝つきが悪い人がすっきり目覚めるためのリラックス睡眠法

 

172748478

 

寝付きがよいと翌朝すっきり起きられます。

 

よい目覚めを迎えるためにはどうすればよいのでしょうか?

 

よい目覚めのためには、夜眠るときの工夫が役立ちます。

 

寝つきを改善すると、質の良い眠りが得られ、

それがよい目覚めに繋がるためです。

 

 

賢く起きよう!寝る前に試せる快眠方法は?

 

20130329aroma_1

 

効果的なのはアロマテラピー。

 

睡眠時にリラックスをもたらすおススメの香りは

アロマの種類 効果
ラベンダー 鎮静作用があり、リラックスして安眠をもたらす
血圧や心拍を鎮める効果も
カモミールローマン くつろいだ、やすらぎをもたらす
ネロリ 催眠性あり
幸福感をもたらし、ストレスを減少させる
クラリセージ 気持を鎮め、幸福感をもたらして明るい気分にさせる

 

 

香りを楽しむだけじゃない!まだあるアロマの快眠効果

 

とても良い香りでリラックスをもたらすアロマですが、

効果は香りだけではありません。

 

香りとして鼻から脳に伝わる以外にも、

呼気と一緒に肺から吸収されたり、皮膚から吸収されたり、

さまざまな方法で身体に吸収され、

身体の中をめぐって、効果を発揮します。

 

 

アロマキャンドルにはこんな効果も!

 

Lemongrass_Aroma_Candle_Wax

なかでも、流行のアロマキャンドルには、特別なリラックス効果があります。

 

キャンドルのゆらゆらゆれるほのかな灯りは、

ぼんやりと眺めているだけで脳をリラックスさせます。

 

また、アロマオイルをたらして熱するアロマポットも

キャンドルで熱するものや、

温かみのあるオレンジ色の灯りを使用したものなど、

おしゃれなものがたくさんあります。

 

これらは、どれも眺めているだけで幸せな気分になりますね。

お気に入りのアロマキャンドル、アロマポットを

お部屋で炊くのもおススメです。

 

 

寝る前にはキャンドルを消しましょう。おススメ睡眠サプリは⇒こちら

寝起きすっきり!改善すべきは睡眠時の●●だった!

A01

 

すっきりした寝覚めには、良い睡眠が大きく関わっています。

良い睡眠を取るためにはいくつかポイントがありますが、

ここでは、睡眠時の環境についてお伝えします!

 

朝すっきり起きるための寝室の温度は?

 

二度寝男 さん

最近、朝起きられないんだ

寝起良子 さん

睡眠の質を見直すことで、スッキリ起きられるようになることがあるわよ

寝起良子 さん

寝室や布団の状態を整えると、熟睡感と、朝起きた時の爽快感が得られるの

二度寝男 さん

しらなかった!

二度寝男 さん

どのような環境で眠ればいいのかな?

寝起良子 さん

室温は26度くらい、湿度は50〜60%にして、あとはパジャマや寝具の工夫で快適な温度にするのがおすすめよ。

寝起良子 さん

室温が高すぎると寝付きが悪くなったり、脳があまり休まらないの。逆に室温が低すぎると、睡眠後半の浅い眠りが減って、起きにくくなるのよ。

二度寝男 さん

そうだったんだ!快適さを得るだけじゃなくて、室温が眠りの質に関係してたんだね!

 

ぐっすり眠るために、寝室の明るさは、騒音はどうする?

 

寝起良子 さん

光環境も大事よ。光は眠っている間も脳に届いて、睡眠を邪魔するからね。カーテン越しの光や、月明かり、足元の豆電球くらいなら問題ないけど、電気を付けたまま寝ては睡眠によくないわ

二度寝男 さん

近所の騒音が気になって眠れないこともあるんだけど…

寝起良子 さん

そうね。騒音が多いと、眠りが浅くなって、すっきり起きられないわよ。

 

パジャマにもあった!快眠の秘訣

 

二度寝男 さん

パジャマなんかは、睡眠の快適さに関係するのかな?

寝起良子 さん

皮膚がこすれやすいような素材だと、安眠の妨げになるわよ。あと、肌触りが良いと、気持ちよく眠りに入れるわ

 

 

すっきりした目覚めを得るためには、睡眠環境が大切です。

寝室を整え、お気に入りのパジャマを着て、

快適な睡眠を手に入れ、気持ちの良い朝を迎えましょう!

 

 

すっきりした目覚めをサポートする睡眠サプリは⇒こちら